谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教育講演会

2月2日(火)19時より、多目的室において「開かれた学校づくり協議会」主催の家庭教育講演会が開催されました。

森山氏
講師の森山徹氏(むさしの発達支援センター) 


講師は森山徹氏(むさしの発達支援センター)。「思春期の子ども達の本音」「家庭教育(しつけ)で必要な3要素」[愛着障害をもつ子どもたち」等について、具体例をまじえながら分かりやすく話していただきました。

約70人の参加者があり、講演の内容は好評でした。

森山氏2
約70人の参加者があった


「我が家の子育てに、よいヒントをいただいた」「もっと早くこの話を聞いていればよかったのに」などの感想を寄せていただきました。




スポンサーサイト

美術の時間

12月24日(木)クリスマスイヴです。

谷中中では朝の1校時に授業研究が行われました。

教科は美術。生徒は2年生です。授業者は若い先生ですが、なかなか研究熱心、授業熱心な先生です。

美術1

生徒たちは熱心に「ボックスアート~箱の中に自分の世界を作ろう!~」に取り組んでいました。

美術3


美術室の外の掲示板には、3年生の作品「合格祈願絵馬」が展示してありました。

虎絵馬

虎絵馬2

来年は虎年なので、デザインに虎のイメージを使ったものが多く、一つ一つが楽しい作品でした。

この冬休みも3年生諸君は合格を目指した勉強が続きます。

1年生、2年生も3年生を応援する気持ちを表現したいですね。



吹部、光の祭典で演奏

12月19日(土)足立区「光の祭典」に、谷中中吹奏楽部が出演しました。

光1

会場は元渕江公園特設ステージでした。

10月末の文化祭での演奏を最後に3年生が引退したあと、1,2年生40名にとっては初めてのステージでした。

00-1光

挨拶の言葉、演出等もすべて自分たちで考えたのだそうで、初舞台なのにしっかりできました。

クリスマス・ディスコメドレーなど、4曲を演奏し、会場から盛んな拍手を受けていました。

光3


光4

引率の先生方、生徒諸君お疲れさまでした。

応援にきていただいた、吹部の卒業生・先輩諸君、保護者の皆様、ありがとうございました。

クリスマス・アレンジメント

12月19日(土)フラワーアレンジメント教室が開催されました。

この教室は、開かれた学校づくり協議会の土曜事業の一つで、毎月1回開かれています。

フラワー2
教室は満員でした


参加の皆さんは熱心にクリスマス用の作品に取り組んでいました。

フラワーアレンジメント1
赤いカーネーションとバラを用いています


出来上がりの作品は、クリスマスの色の赤と緑、白がきれいでした。




「おいしい給食」イベント

12月になり、クリスマスのイルミネーションがあちらこちらの街角で見られるようになりました。

クリスマスのイベントを楽しみにしている人も多いと思われますが、学校給食の方でも「おいしい給食」にかかわるイベントがたくさん企画されています。

この「おいしい給食」イベントは足立区の全小・中学校で取り組むことになっています。

○12月1日(火)…足立区全小中学校「小松菜」給食
  足立区のJA農家の皆さんが作っている小松菜を全校一斉にメニューに取り入れる「地産地消」企画です。谷中中ではビビンバ、中華コーンスープに使用しました。

1201
ビビンバ、中華コーンスープ、カルピスゼリー、牛乳


○12月2日(水)、7日(月)…スーパー給食献立
  有名レストランのシェフが考案したオリジナルレシピに基づいた給食が出ます。
  2日(水)は、フランス料理「ラ・ロシェル」の工藤敏之シェフが考案したデザート「りんごのコンポート」

1202
胚芽パン、はちみつ&マーガリン、タンドリーチキン、ツナサラダ、クラムチャウダー、りんごのコンポート、牛乳


  7日(月)は、中国料理「szechwan restaurant 陳」の菰田欣也シェフの、謎のメニュー(主食、主菜、汁物)が出る予定です。

○12月12日(土)「足立区おいしい給食まつり」 11時~16時まで
  北千住駅前 シアター1010 給食試食、体験コーナー、展示など

それにしても、いつもおいしい給食をつくってくださっている栄養士さんや給食室の調理員の皆さんに、あらためて感謝、感謝です。







HOME →次ページ

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。