谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月25日 修了式

今日は修了式でした。

1、2年生がそれぞれの学年の課程を終えた、区切りの式でした。明日から春休みです。


(オンマウスで別画像)  修了式。 1,2年生だけなので、体育館が広く感じる。 

修了式では、校長として、次の話をしました。

① この1年、在校生の諸君は、勉強にスポーツによく頑張った。きみたちの頑張っている姿を見て、地域や保護者の人々は、谷中中の教育活動を信頼してくれるようになった。きみたちの努力に感謝したい。

② しかし、谷中中に課題がないわけではない。さらに、谷中中がよくなっていくように、二つのことを話したい。

③ 一つは、何かがうまくいかないとき、それを他人のせいにしないことである。誰々のせいでうまくいかない、とか、家族のせいでこうなる、とか、何でも他人のせいにするということは止めた方がよい。

④ 一方で、何でも自分が悪い、自分のせいでうまくいかないと、全部自分の責任にするのもよくないと思う。何かがうまくいかないときは、自分のせいか、それとも、他人のせいなのか、落ち着いて考えるとよいと思う。たいていは、両方に原因があることが多い。その原因を取り除いていくにはどうすればいいのかを考えて、行動すればいいと思う。自分の責任と他人の責任とをバランスよく考えられるのが、大人の態度だ。

⑤ 谷中中がさらによくなるために、考えてほしいことがもう一つある。

⑥ それは、自分だけちょっと手抜きしても、全体に影響はないだろうと考える人がいることである。掃除のときなど、みんなが頑張ってやっている。そんな時、自分はちょっと手抜きしても、代わりに誰かがやってくれるからよい、と考える生徒がいる。

⑦ でも、校長先生は、思うのだが、手抜きをする人はよく目立つのだ。あ、あの生徒は、自分でやらないな、他の人にやってもらっているな、とすぐに気が付く。

⑧ 一度そう思われると、信用を回復するのは大変である。評判も落ちてしまう。自分の評判が下がれば、いろいろと損をするのは自分自身だ。

⑨ きみたちは、まだ成長の途中なので、いろいろな考え方を身につける必要がある。今日話したことも、いろいろな考え方のうちの一つである。自分にあった考え方を選んでほしい。春休みが終われば、それぞれ、ひと学年ずつ進級するが、社会に役立つ人間になるためには、まだ学習することは多い。

⑩ 春休みが終わったら、新1年生が入学してくる。中学の先輩として、しっかりとした態度で、新入生を迎えよう。

・・・・・・・
今朝は千葉県北西部から足立区にかけて(私が見た範囲)、濃い春霞が出ていました。街のビルや道路がモヤって見えないほどでした。
 
いつも通勤の途中見ているヤナギもカスミに煙(けぶ)って、遠景のビルはすっかり見えなくなっていました。


(オンマウスで別画像)  春霞の中のシダレヤナギ  

そんななか、少し早起きしたので、シダレザクラの写真を撮りました。題して「春霞の中のシダレザクラ」です。


(オンマウスで別画像)  A氏宅のシダレザクラ  

春は、濃い霞の中で、行きつ戻りつしているように思えました。

スポンサーサイト

2月6日 新入生保護者説明会

昨日(2月5日)午後4時30分より、新入生保護者対象学校説明会を開催しました。お寒い中、127名の保護者の皆さんに出席していただきました。これに加えて欠席届を提出された方が12名ありました。ありがとうございました。


(オンマウスで別画像)  №1 開始前の様子   №2 生活指導主任の話   

校長の話として、次のことをお話しました。

①来年度は、第3学年…2学級、第2学年…3学級、第1学年…4学級になる見通しです。毎年生徒数が増えています。保護者・地域の皆さんが谷中中の教育活動を信頼し、期待してくださっていることを強く感じています。皆さんの期待にこたえるため、全教職員で頑張るつもりです。

②来年度も数学、英語科で、少人数・習熟度別の指導を全学年、全学級で行います。

③生活指導、進路指導、部活動は、生徒一人ひとりにできるだけ多く達成感、成就感を味わってもらうために、充実した指導を行います。

④お手元に、先日実施した研究奨励校の研究発表会「学力向上のための授業改善の推進」の資料を配付しました。谷中中の実践の様子を知っていただくために、ぜひお読みいただければ幸いです。

⑤谷中中はコミュニティスクール(学校運営協議会設置校)です。学校運営に保護者、地域の方々の意見を反映させる仕組みを整えています。来年度はぜひ皆さんにも学校運営に参加し、協力していただきたいと思っています。

⑥3月2日(日)に「卒業を祝う餅つき大会」を開催します。現在6年生の皆さんも参加できますので、ぜひ参加していただきたいと思います。

続いて、教務主任の遠藤主幹、生活指導主任の山下主幹よりお話をしました。お二人の話の内容については、また別の記事で詳しくお伝えします。

谷中中の給食
さて、昨日は事務室の吉岡事務主事より、谷中中の給食について、次のことを新入生保護者の方々にお伝えしました。

①最近のニュースで報道されている中国産の冷凍餃子については、学校では一切使用していないので、ご安心ください。

②足立区の学校給食に関するガイドラインによれば、足立区では冷凍保存食品、冷凍加工食品は給食に使用してはならないと規定しています。みそ汁のダシについてもコンソメなどの使用は禁止とされています。すべて手作りです。

③本校で使用している野菜はすべて国産の物で、しかもできるだけ、地場産のものを使っています。毎朝八百屋さんや地元の生産者に納入してもらい、栄養士と調理員で一品ずつ検品して使用しています。

④私(事務の吉岡さん)は何校かで勤務しましたが、谷中中の給食は特においしいです。

⑤給食を提供する上で、もう一つ大事なことがあります。これもニュースで話題になりましたが、給食費の未納についてです。谷中中はここ2年、給食費の未納者はゼロです。当然給食費の未納についての督促はしっかり行っておりますが、谷中中の保護者の方々が真剣に給食費のことを考えてくださっているおかげで、未納者ゼロが達成できていると感謝しています。

⑥今年度もすべての世帯に給食費を支払っていただける見通しがたっています。そのため、今年度も最後まで、給食費を切り詰めることなく、おいしい給食を提供できます。

⑦新入生の保護者の皆さんにおかれましても、給食についてのご理解、ご協力をお願いします。

1月8日 冬休み明け全体集会

冬休みが終わり、今日から授業再開です。
今朝は体育館で休み明けの全体集会を開きました。
チューリップの芽 チューリップの芽(クリックで拡大) 

校長として、次の話をしました。

① 今朝の皆さんの集合の様子はとてもよかった。無駄なおしゃべりをせず、整列するのも速かった。新年初めの集会であり、皆さんの「やるぞ!」という気持ちが感じられた。

② 目標をもつことの大切さをあらためてお話したい。部活動では、部としての目標を設定していると思うが、個人でも目標をつくって頑張ってほしい。

③ 今年はオリンピックイヤーであり、谷中中学校が創立30周年を迎える年である。今年一年が良い年になるようにお互いにがんばろう。

続いて、生活指導主任が、次の話をしました。

① 早く学校生活のリズムに慣れるようにしよう。特に早寝、早起きのリズムを取り戻すようにしよう。

② 挨拶をしっかりやろう。お互いに気持ちよく生活するために、挨拶は大切である。

③ 学校の公共物を壊さないようにしよう。去る12月には、次のようなことがあった。
 1) 廊下で遊んでいて上履きが飛び、教室表示のプラスチックのプレート(○年□組教室)を壊してしまった。
  2) 給食の食器を片付けるときに、落として壊した。
  3) 遊んでいて、窓際でカバンを振り回し、窓ガラスに当たって壊してしまった。

 いずれも、中学生として普通に気を付けたり、判断力を働かせれば避けることのできたことである。今年は「公共物破損ゼロ」を心がけよう。

 次に、表彰式が行われ、12月に実施された足立区女子バスケットボール1年生大会で3位に入賞したバスケットボール部女子チームが表彰状を受けました。


12月25日 冬休み前集会

今日は年内最後の授業日でした。学校では、冬休み前集会を開き、長期休業を迎えるに当たっての心構えの指導を行いました。
イヴの満月
イヴの満月 昨夜はきれいな満月でした(クリックで拡大) 


校長として、次のことを話しました。(「です、ます」調で話をしましたが、ここは「である」調で書いています。)

① この3連休の間に、嬉しい出来事が2つあった。ひとつは吹奏楽部が足立区「光の祭典」コンサートですばらしい演奏を披露したこと。吹奏楽部の出演は今年で3回目であるが、観客の皆さんの盛んな拍手を受けていた。

もうひとつは女子バスケットボール部が地域の大会で3位になったこと。女子バスケットは今年できたばかりの新しいチームだが、よく頑張っている。この3位を励みにして、さらに頑張ってほしい。

② 先日3年生と面接練習を行った。3年生と1対1で、約15分ずつ校長室で話をした。ほぼ全員との面接練習を終わったあとで感じたことは、目標をもっている生徒は、この3年間で心身ともにしっかり成長しているということである。私は今の3年生が新入生のとき谷中中に来たので、3年生の皆さんの成長ぶりがよく分かる。

③ 考えてみれば、ある1日が終わったあと、その日は頑張れた1日だったか、それともあまり頑張れなかった1日だったかは、目標のある生徒にはすぐに分かるはずである。なぜなら、自分の目標に照らして、目標に近づくための努力をどれだけ積み上げたかが判断できるからである。

④ しかし、目標をもっていない生徒には、その日1日の意味がはっきりしない。頑張ったかどうかの判断もできない。なぜなら「目標に向かって努力する」という物差しがないからである。

⑤ 一日一日の意味が違い、一日一日の努力の内容が違う。そしてそれが毎日積み重ねられていく。3年間ではかなり大きな差になるだろうと考えられる。

⑥ 最初に話をした、吹奏楽部や女子バスケットボール部は、部としての目標をはっきりともっている。だから努力もできるし、つらい練習にも耐えられるのだと思う。

⑦ 部活動のことだけではなく、生徒個人の問題としても、目標の有る無しは大きな差をつくる。それを考えれば、自分の成長のために、ぜひ目標を設定してほしい。

⑧ まとめると、目標のある生徒は伸びる、そして、目標のある生徒は強い、ということである。

⑨ この冬休みには新しい年を迎える。皆さん一人ひとりが新しい年の目標をしっかりと考えてほしい。そして、新しい1年はぜひ自分の目標を実現するために頑張れる1年にしてほしい。

続いて、生活指導主任から、次の内容の話がありました。

① 「冬休みのしおり」は生徒会の役員の皆さんが放課後残って印刷・製本してくれた。感謝するとともに、しおりを十分に役立ててほしい。

② インターネットの掲示板に自分の写真や住所などの個人情報を載せている生徒がいる。どのように利用されてトラブルに巻き込まれるか分からない。すぐに、個人が特定できる書き込みは削除するように。

③ 冬休みの間の他校生や卒業生との交流は、これまでの経験をもとに判断すると、トラブルが起きる可能性が大である。トラブルに巻き込まれないように十分に注意してほしい。

④ 「冬休みのしおり」を参考にして、よく考えて休みを過ごしてほしい。1月8日にまた元気で会えることを楽しみにしている。



9月3日(月) 朝礼の様子

朝礼で次の話をしました。先週全体集会で話をしたばかりなので、今回は具体的・実際的な内容にしました。

「夏休みが終わり、学校が始まって一週間がたちました。生徒の皆さんには早く学校生活のリズムに慣れて欲しいと思っています。

学校生活のリズムに慣れるには、どうしたらいいと思いますか?それは、前の晩早く寝ることです。早く寝ることで、次の日のリズムがきちんと動き出します。

さて、学校が始まったと思ったら、まもなく期末テストがあります。期末テストの準備はもう始めていますか?自分が取りたい目標点はもう考えましたか?テスト準備は早ければ早いほど、よい結果が得られます。

何事もしっかりと準備をすることが大切です。夜早く寝ることが、次の日のよい準備になるように、早めに期末テストの目標点を考えることで、しっかりした準備をしてほしいと思います。」

朝礼後、養護教諭の先生の離任式、AET(外国人英語指導員)の先生の着任式を行いました。
千谷離任式千谷彰子先生の離任式
joeJoe Holcomb 先生の着任式 シカゴ出身            ジョーと呼んでほしいと言ってました

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。