谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度の始まり

平成21年度が始まりました。

毎朝乗る電車の、いつもの座席付近に見かけない顔が数人いて、ああ新年度なんだと思いました。

学校は教職員の転出、転入があり、それをふまえて新しい体制をととのえつつ、新年度の準備にあたっています。

チューリップ

昨年の秋に生徒がボランティア活動で植えてくれたチューリップが開花しました。

チューリップ2

校庭のソメイヨシノは三分咲きで、新入学の生徒たちが登校してくるのを待っています。

校舎と桜

新入生ガイダンスは4月3日、始業式は4月6日、入学式は4月7日に行われます。

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

3年生の奉仕作業

今日(3月10日)はもうすぐ卒業する3年生の奉仕作業が行われました。

校内のどぶの掃除をしたり、近隣地域のゴミ拾い・清掃活動を行いました。

外は暖かく、空は快晴でした。

校庭の日当たりのよい一画では、桜が咲き始めていました。

97 奉仕作業
奉仕作業


98 校舎と桜
早咲きの桜


96 桜3

卒業式の頃には、早咲きの桜は満開になり、涙のように散り落ちるのかもしれません。



早春の校庭

今日は久しぶりの青空でした。

校庭を見回ると、あちらこちらに早春のシグナルが顔をのぞかせていました。

菜の花
菜の花


76 アロエの花
アロエの花とやわらかい日ざし


75 サクラのつぼみ
ピンクに染まり始めたサクラのつぼみ


目立たない校庭の隅で、春のきざしを見つけると嬉しくなります。

「春よ、来い。早く来い」

と口ずさみたくなりますね。








チューリップの芽が伸びています

立春が過ぎたとはいえ、寒い日々が続きますが、校庭のプランターではチューリップの球根から芽が出て、順調に育っています。

チューリップの芽

これは昨年11月に、生徒会を中心に生徒たちがボランティア活動で植えたものです。

チューリップのネット
カラスよけの防護ネット


4月初めには約100個のプランターに赤、ピンク、黄色のチューリップが約1000本咲きます。

今年も北綾駅の改札口付近や谷中デーサービスセンターに花を置かせていただき、お客さんに楽しんでいただく予定です。

9月中旬の校庭

9月14日(日)、隣の蒲原中学校の校庭でPTAソフトボールの大会が開かれていました。

私は谷中中学校の試合がない時間帯は、自分の学校に戻り、校庭の動植物の写真を撮りました。

トンボ
オオシオカラトンボのメス 


いちもんじ
七変化の葉にとまったイチモンジセセリ 


ヒメアカ
キバナコスモスを吸蜜するヒメアカタテハ


アオスジ
アオスジアゲハ


フーセンカズラ
夏の間のグリーンカーテン、校庭のフーセンカズラ


名月
校長室の窓から見えた月


実は前日の13日の晩に谷中中の校長室からきれいな月が見えました。それで思わず撮影しましたが、今年の「中秋の名月」は14日の晩の月だったようです。

今年は浅草の隅田川の川面に映る中秋の月を撮影したいと思っていました。

というのは、江戸時代、風流人は隅田川の屋形船に乗って川に映る中秋の名月を愛でた、ということを何かの本で読んだからでした。

それで、カメラ仲間と相談して、浅草の川端に行きました。

けれども、残念ながらその晩は空が曇ってしまい、名月の撮影はできませんでした。

やむなく、浅草側から見た隅田川の夜景を撮影しました。

夜景

吾妻橋ビルの屋上の「金色の炎のオブジェ」や桜橋の橋脚がライトアップされていて、川面に映り、きれいでした。

しかし、こんなに光があふれていては、名月は川面に映らないかもしれない、と思いました。


HOME →次ページ

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。