谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の上野動物園

前回上野動物園に行ったのは、確か東京に雪が積もった日で、「こんな雪の日には動物たちはどうしているんだろう?」と様子を見に行ったのでした。

先日の日曜日、雨が上がったので、根津神社から池之端方面に歩き、途中上野動物園の池之端門から入場して見物しました。

上野動物園はすっかり青葉若葉の緑に包まれており、動物たちも過ごしやすい季節を迎えて活発に活動していました。

池之端門はちょうど裏門に当たるところなので、裏門から表門の方角へ歩きました。

いつもとはアングルが違うので、新鮮な感じがしました。

まず、オカピから見ました。縞模様がとても綺麗です。

オカピ1
オカピ。木の葉を食べている。


オカピ
オカピも隣のケージのアミメキリンも室内にいました。 


次に、ハシビロコウ。以前見たときは、羽を広げて動いていましたが、今日は静かです。

ハシビロ
以前伊豆のシャボテン公園でハシビロコウに追いかけられている人を見たことがあります。


ベニイロフラミンゴは新緑の中で、色鮮やかに見えました。

フラミンゴ1
優雅です。 


フラミンゴ
脚が細くて長いので格好がよいですね。


ちょうどオオアリクイの食事時間だったので、そちらに移動しました。

オオアリクイ1
オオアリクイはせわしなく動いていました。空腹だったのでしょうか。


オオアリクイ2
食事のときは幸せそうです。 長い舌でチュルチュル吸っていました。


カピバラの父親は子どもや母親と離れて、一人でしょんぼりしていました。カピバラは家族仲がよいという話なのにどうしたんでしょうか。

カピバラ
どうしたんでしょうね。家族と離れて元気がありません。


カピバラ2
とうとう木にもたれて固まってしまいました。


面白かったのは、アオメキバタンという鳥です。最初は物静かにエサをついばんでいましたが、急に冠の羽毛を逆立てて、威嚇するような大声で鳴き始めました。鳴き声がうるさいので、私がその場を離れた途端に、すっと静かになりました。おいっ!(笑)

アオメキバタン
このときは冷静だったのに…


アオメキバタン2
急に枝を上り下りし始め、激しく羽ばたきして、ギャーギャー鳴き始めました。


ま、そんなことがありましたが、カルフォルニアアシカはのんびりと昼寝をしており、絶滅危惧種と言われているコツメカワウソは、きょとんと人間の見物客の方を眺めていました。

ashika
寝ているカルフォルニアアシカ。満腹なのかな?


カワウソ
コツメカワウソ。イタチの仲間だそうです。


そう言えば、芥川龍之介が何かの作品で「上野動物園のファン」だと書いていましたね。悩みの多かった芥川も上野の動物たちに癒されていたようです。

この日曜日、根津神社で夏目漱石を思い出し、上野動物園で芥川を思い出しました。最近小説を読んでいないので、少しは読書をしなくちゃと思いました。

スポンサーサイト

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。