谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から中間考査

明日から2日間の日程で、前期中間考査があります。

定期試験では一人一人の生徒がどのように学習してきたかが、結果になって表れてきます。

登山新
学習は登山に似ています。[昨年の山中湖自然教室の画像] 


1年生の諸君にとっては中学生になって初めての定期試験です。

中学に入学してから、この2ヶ月半の間に、真剣に学習に取り組んだかどうか、学習内容をよく理解したかどうか、理解したことを使えるようになったかどうか、などが結果になって出てきます。

この2ヶ月半の取り組みについて振り返ってみる、よい機会にしてほしいと思います。

2年生にとっては、新しい学年、新しいクラスになって初めての定期試験です。

昨年とは教科担当の先生が替わっている場合もありますので、「初舞台」のつもりで、気合いを入れたいところです。

学習内容としては、1年生の間に学習したことの積み重ねの上に、2年生の学習内容があります。

やはり、①学習に真剣に取り組んだかどうか、②理解できているかどうか、③理解したことを使いこなせるかどうか、が問われます。

中学生の学習内容は、基礎基本を扱っていますので、普通に学習に取り組めば、誰でも「できる!」「分かる!」状態になりますので、頑張ってほしいものです。

3年生にとっては、いよいよ進路選択、進路決定をする学年になり、その第一試合の定期試験です。

3学年では、1学年、2学年の学習の積み重ねの上に、3年の内容を積み上げていきます。

1、2年生のときはあまり学習に身を入れなかったけれど、「3年になったら頑張る」という生徒もなかにはいると思いますが、相当真剣に頑張らないときびしいです。

勉強は山登りに似ています。 

毎日少しずつ、分かること、できることを増やしていけば(一歩一歩登っていけば)、ある日ぱっと目の前が明るく開けて、山の見晴らし台につきます。そこで、少し休んで、元気を回復して、また一歩一歩登っていく…苦しい、途中でやめようかな、と思ったりする、でも少しずつ頑張る、頑張る…すると、とうとう頂上が見えてくる、というわけです。

一歩一歩登っていくのに時間がかかります。時間を大事にして、気持ちを集中して学習に取り組むことが大切です。

やった頂上だ!(やった、志望校に合格した!)を谷中中からの受験生全員に味わってほしいと思います。そのために、一人一人の努力が必要です。(一人一人が自分の足で進まない限り、山登りはできません。)

中間考査は、着実に自分の足で進んでいるかどうかを確かめる意味があります。



スポンサーサイト

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。