谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日 9月を振り返って

さた サタデースクールで学習中(クリックで拡大)
早いもので9月も終わりです。今日は学校が休みということもあり、谷中中のこの一ヶ月をあれこれ振り返ってみました。

この一ヶ月、やはり一番心配していたのは休み明けに生徒が生活面で安定しているかどうかということでした。

私の今までの経験では、夏休み中の家庭生活のペースから、夏休み後に学校の生活ペースに戻れないまま、生活をくずしてしまう生徒が毎年わずかですが出現しました。

幸いに、谷中中では休み明けの9月を大きな事故・事件もなく落ち着いて過ごすことができました。もちろん生徒間のけんかなど、いくつかの小さなトラブルが発生しましたが、ほとんどが解決したか、あるいは指導済みで、その後の経過を見ている段階に至っています。

保護者の皆さんにも、トラブルの発生時には学校の指導方針を理解していただき、問題解決に協力していただきました。ありがとうございました。

保護者の皆さんのご協力に感謝の念をいっそう強くしたこの一ヶ月でした。
スポンサーサイト

9月29日 PTA小中連携コンサート

今朝はあいにくの小雨になりましたが、小中連携コンサートが開かれました。

“Music Forum 2007”と銘打ったこのコンサートは、中川小学校PTA、辰沼小学校PTA、谷中中学校PTAの連携行事で、昨年に引き続き谷中中体育館で開催されました。

nakagawa 中川小金管バンド(クリックで拡大)
プログラムの一番は中川小学校金管バンドの演奏。おそろいのスカイブルーのTシャツを着て「タッチ」「聖者の行進」「スターウォーズ」などを軽快に演奏してくれました。

tatunuka辰沼小の大正琴演奏
次は辰沼小学校サタデースクール「大正琴教室」の皆さんの演奏。「さくらさくら」「たなばたさま」「虫の声」など日本古来のメロデイを大正琴独特の音色で聴かせてくれました。

apple ママさんコーラス
次にゲスト出演で、ママさんコーラスグループ「アップル」の皆さんの演奏。きれいに澄んだ声で「I Will Follow Him」「チムチムチェリー」「千の風になって」を熱唱していただきました。

すいぶ 谷中中吹奏楽部
最後は谷中中学校吹奏楽部。今年の夏東京都中学校吹奏楽コンクールで銀賞に輝いた、ハックビー作曲「セレブラータ」を始め、「宮崎駿のアニメメドレー」、A・リード作曲「第一組曲よりギャロップ」などを演奏し、会場のさかんな拍手を受けていました。

楽しいコンサートを企画・運営していただいたPTAの皆さん、出演者の皆さん、会場に足を運びコンサートを盛り上げてくださった保護者、地域の皆さん、ありがとうございました。

9月28日 生徒会役員選挙

sennkyo 選挙運動(クリックで拡大)
前期の終了と後期の開始が間近に迫っています。

生徒会では、前期終了とともに3年生の役員が退任し、後期からは1・2年生の新しい役員が選ばれて、運営にあたることになります。

その新役員を選ぶ選挙は一週間後の10月4日(金)に予定されています。
sennkyo2 声を張り上げて
今朝の玄関先では、役員に立候補した皆さんが、応援の生徒とともに大声で登校してくる生徒に支持を訴えていました。

明るく活発で、頼もしそうな候補者がそろっています。選挙本番まであとわずか。大いに選挙運動を盛り上げてほしいと思います。

9月27日 秋の名月

na 2006.10.6の満月 by UME(クリックで拡大)
今夜の月は月齢15.6の満月です。

今年の場合、約30日に一度巡ってくる満月の夜に限って、曇っていたり、雨が降ったりしました。綺麗なまんまるお月様を見る機会になかなか恵まれませんでした。今夜こそは晴れた夜空のきれいな秋の月を眺めたいものです。

さて、昔から新月または満月の時期に妊婦の出産が多いといわれていて、そのことは統計学的にも定説になっているのだそうです。月の引力・遠心力と地球の引力との相互作用で、母体が影響を受け、出産が促進されるとのことです。

このことは人間が大自然の一部であることや、人間生活が宇宙の天体の運行の影響を受けていることの証明でもあります。

今夜は月を眺めつつ、あらためて自然の神秘を思い、秋の名月の時期に誕生したお子さんたちの将来の幸福をお祈りしたいと思います。(産休をとっておられる先生から無事出産の朗報が届きました)。

9月26日 頑張った連合陸上 その2

開会式 開会式 (クリックで拡大)
昨日の連合陸上競技大会では、私は校長会の皆さんが座っている座席にはほとんど近寄らず、谷中中の選手たちのテントにいるか、またはフィールドに出て写真撮影をしていました。

だいたい毎年そうしています。生徒たちの身近にいて「頑張って来いよ」とか、「もう招集の手続きは終わったの?」とか、「よくやったね!」などと声をかけている方が、なんとなく生徒と一緒にたたかっている気分がして、その方が好きなんです。
テント 選手のテント
そんな中、今年の場合、あれ?例年とは違うぞと思ったことがありました。

それは、負けて帰ってきた選手たちがみな、相当にくやしがっていることでした。中にはくやし泣きをしている選手もいました。

負けてくやしくて泣く。いいなあ、と思いました。それだけつらい練習を頑張ったということです。自分は勝てるはず、という自信があるということだと思います。

「涙の数だけ強くなる」といいますが、今回くやしい思いをした選手には、次のチャンスには必ず勝てるように、必ず自己目標を達成できるように、くやしさをバネにしてほしいと思いました。

9月25日 頑張った連合陸上

スタート スタート(クリックで拡大)
今朝の起き抜けにはまだ小雨が降っていました。その時点では今日の連合陸上競技大会の開催が危ぶまれました。しかし、午前8時過ぎには晴れ間が顔をのぞかせ、あとは暑いくらいの晴天になりました。

かくして、第61回足立区中学校連合陸上競技大会は、無事に成功裏に開催されました。

谷中中の生徒諸君の活躍ぶりは小規模校としては立派でした。
多くの生徒が自己の目標タイム、目標記録をクリアしていましたが、なかでも次の諸君が入賞し、表彰されました。

男子の部 1年男子4×100mリレー 5位 川崎勇汰、岡本龍太郎、引田克大、吉田高浩
(37校中5位。予選タイムは7位の成績でしたが、決勝で5位になりました)
1年男子1500m 7位 吉田高浩 5分8秒     
3年男子砲丸投げ 6位 吉田清仁  9m45

砲丸 砲丸投げ
女子の部 1・2年女子砲丸投げ 銀メダル 斎藤美波 7m86
1年女子走り幅跳び  5位   山田永華  3m89
3年女子走り高跳び  7位   花之枝舞  1m30
                走り高 背面跳び
例年フィールド種目での活躍が目立ちましたが、今年は1年生の入学者数が増えたこともあり、1年男子の学校対抗リレーで5位に入賞しました。考えてみれば、今年の1年生の場合、谷中中よりも入学生徒数の多かった中学校は37校中18校もあったわけですから、その中での5位は立派だと思います。

1 1年男子リレー
今日の大会では生徒諸君の頑張りに勇気をもらいました。今後とも学習にスポーツに勇気をもって地道な努力を続けたいと思います。

9月23日 坊ちゃん千住に来る!

botyann 坊ちゃんのポスター(クリックで拡大)
谷中中では今年の芸術鑑賞として、シアター1010(せんじゅ)でミュージカル「坊ちゃん」を全校生徒が鑑賞します。

ミュージカル「坊ちゃん」は夏目漱石の原作をジェームス三木氏が脚色・演出した作品で、漱石の生誕140周年を記念して、劇団「わらび座」が公演するものです。

谷中中は昨年度は宮沢賢治原作のミュージカル「銀河鉄道の夜」を鑑賞し、本物の演劇に接するよい機会になりました。

今年の芸術鑑賞は11月14日(水)の午後実施されます。今から楽しみです。

9月22日 さわやかサタデー

sata サタデースクール(クリックで拡大)
お彼岸にしては、ちょっと暑いめの土曜日の朝です。

校庭では連合陸上の選手たちの練習、体育館では男女バスケットボール部の練習が行われています。野球部とソフトテニス部は練習試合に出かけています。午後はサッカー部の練習もあります。

 いよいよ、スポーツの秋本番です

shodou 書道教室
一方、教室では「開かれた学校づくり協議会」主催の土曜事業として、学生ボランティア・市民ボランティアの皆さんによる学習教室「サタデースクール」と、小学生からおばあちゃんまで参加できる「書道教室」とが開かれていました。

間近に迫った「小中連携コンサート」(9月29日)に出演するため
練習を頑張っている吹奏楽部の皆さんの姿もあり、秋晴れの空のもと、さわやかな土曜日でした。

9月21日 学校情報データブック

アベリア 校庭のアベリア(クリックで拡大)
平成20年4月に入学する新入生用のガイドブック「足立・学校情報データブック」に記載された谷中中学校の「特色ある教育活動」は次のとおりです。

○特色ある教育活動
【少人数・個別指導の徹底】数学、英語では少人数(15人規模)で、個性・ 能力に応じた指導を行い、基礎力と応用力を伸ばす。
【進路指導の充実】全学年一斉に3日間の職業体験や上級学校訪問を行い、勤労観を育て、進路選択能力を伸ばす。
【豊かな感性の育成】音楽鑑賞、演劇鑑賞などでプロの本物の表現活動に触れる機会を多くし、感性を育てる。
【活発な生徒活動】生徒会活動、部活動、ボランティア活動など、生徒の活動は活発であり、好結果を得ている。
【コミュニティ・スクール】足立区の中学校としては初めて学校運営協議会を設け、コミュニティ・スクール(住民代表が学校運営に参画する学校)になる準備を進めている。

○学力向上に対する取り組み
【授業改善への継続的な努力】生徒全員が「分かる」「できる!」「自信がわいた」ということを実感できるような授業を求めて、授業改善への教員研修を地道に進めている。
【足立区研究奨励校】18年度に続き、19年度も足立区の研究奨励校の指定を受け、研究主題「学力向上のための授業改善の工夫」に取り組む。研究を授業の実践に生かす。
【市民・学生ボランティアの協力】ボランティアの協力を得て、毎週土曜日、①英語検定・漢字検定・数学検定等の合格をめざす②ふだんの授業の補充学習、のためにサタデースクールを実施している。

○不登校やいじめ等に対する取り組み
【充実感と達成感】生徒が学習面・生活面で、目標をもち充実した活動ができるように指導・支援をしている。充実感や達成感をもてば不登校やいじめは発生しにくい。
【丁寧】思春期の悩みが深い生徒に関し、スクールカウンセラーを中心に毎週検討会を開き、担任、家庭、外部機関と連携した丁寧な指導を行っている。
【親身】きめ細かで親身な生活指導を行い、いじめの予防と発見・解消に努めている。


 

9月20日 連合陸上・壮行会

壮行会 選手壮行会
期末試験が終わり、部活動が再開されました。

テスト勉強のあとの久しぶりの練習、それに今日は猛暑がぶり返していて、暑い中の練習でした。

顧問の先生も大きな声で叱咤激励していました。

期末試験が終わるとすぐ、次週の9月25日(火)には連合陸上競技大会が予定されています。

今日は全校集会で、連合陸上の選手壮行会を行いました。
選手の皆さんにとって、練習期間・調整期間は残り少ないのですが、体調を整えて大いに頑張ってほしい思います。

9月19日 アオスジアゲハを探して

蝶1 キバナコスモスとキタテハ (クリックで拡大)
期末試験2日目。今日はおだやかに晴れた気持ちのよい一日でした。

生徒たちが下校し終わった午後、校内の見回りのため、校庭をぐるっと一周しました。もちろん、愛用のカメラ持参で。

植栽のアベリアの白い花がうっとりと美しい。花壇のキバナコスモスは風に揺れつつ物思いに沈んでいる。

私は静かに歩を進めながら、目だけはしきりにアオスジアゲハの姿を探していました。しかし、残念。今日もあこがれの貴婦人は姿を見せませんでした


蝶2 ヒメアカタテハ
そのかわりに…といっては語弊がありますが、キタテハやヒメアカタテハの可憐な舞い姿をみることができました。 

バッタ 褐色のトノサマバッタ

おまけに、無骨者でどう猛な褐色のトノサマバッタがプラタナスの葉をかじっている姿まで見てしまいました。

試験期間中の校庭は、秋の昆虫たちの無言劇の舞台です

9月18日 谷中中のビオトープ

あし ビオトープの葦 (クリックで拡大)
谷中中学校は住宅地にありますが、学校の近辺には「都市農業」を営んでいる方の農園が点在しています。

農園の野菜畑やビニールハウスでは、春の枝豆、夏場のナス、トマト、トウモロコシ、秋のサツマイモ、小松菜、冬場のキャベツなどが栽培されています。

時々その農園から葉物野菜を提供していただき、給食の食材として使わせていただいております。

というわけで、学校の周囲は比較的「緑豊か」なのですが、全体としては農地の占める割合は小さく、ほとんどが住宅地・商業地です。

さて、本校の科学部の生徒たちが、荒川の河原から一握りの葦(あし)をもらい受け、校庭の隅に手作りで
ビオトープを作りました。この夏はビオトープの池の中でメダカが育ち、ヤゴが泳いでいました。

先日の台風9号の嵐の際には、科学部の生徒たちは葦(あし)の株が根こそぎ吹き飛ばされないように、ロープで結んだり、重しをつけたり…、苦労したようでした。

何百万ものお金をかけた学校ビオトープに比べれば見劣りがしますが、手作りビオトープには、生徒たちの愛着が沁みこんでいるようです。

9月17日 授業評価について(第2回) 

夏休み前に実施した生徒による授業評価の結果の一部をお知らせします。
質問はQ1からQ17まで、各教科ごとに答える形式になっていました。

はい(2点)、 どちらかといえば、はい(1点)、 どちらかといえば、いいえ(-1点)、いいえ(-2点)で数値換算しました。

質問内容については、9月13日に掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

3年女子  質問項目のうち評価点の高かったものは、7、9、10、12、14、17であった。評価点の低かったものは15であった。教科の中では国語、数学、理科、音楽、保体、技術の評価点が高かった。

3年男子 質問項目の中で評価点が高かったものは、1、3、4、7、8、9、10、14であった。評価点が低かったのは 12、13、15、17であった。教科では、国語、社会、数学、保体、技術の評価点が高かった。

2年女子 質問項目のうち評価点の高かったものは、1、3、7、9、10であった。評価点の低かったものは12、13、15、16、17であった。教科では国語、数学、理科、保体、技術の評価点が高かった。

2年男子 質問項目の中で評価点が高かったものは、3、7、9、10、11、14であった。評価点が低かったのは 12、13、15、16、17であった。教科では、国語、数学、理科、技術の評価点が高かった。

1年女子 質問項目のうち評価点の高かったものは、7、9、10、12、14、17であった。評価点の低かったものは12、13、15、16、17であった。教科では社会、数学、英語、音楽、保体、技術の評価点が高かった。

1年男子 質問項目の中で評価点が高かったものは、3、4、8、9、10、14、17であった。評価点が低かったのは 6、13、15であった。教科では、社会、数学、英語、保体、技術の評価点が高かった。

9月15日 校庭に飛来する虫たち

イチモンジセセリ イチモンジセセリ(クリックで拡大)
秋の校庭の花壇にはアベリアやコスモスの花が咲いています。その花の蜜を求めて蝶や蜂の仲間が飛来します。
クマ クマバチ
土曜日の朝、昆虫の紳士、淑女たちが吸蜜に来るのをカメラを構えて待っていました。
モンシロチョウ、クマバチ、イチモンジセセリはうまく撮影できました。しかし、もっとも優雅で美しいアオスジアゲハには、するりと逃げられてしまい、その姿をカメラに収めることはできませんでした。
mンシロ モンシロチョウ
谷中中の校庭に舞い降りる貴婦人のようなアオスジアゲハをぜひとも撮影したいと思っています。今後も頑張ります。

9月14日 廊下の隅の心遣い

ポトス 消火栓の上のポトス(クリックで拡大)
放課後、校舎の中を見回っているとき、主事さんたちが置いてくれた花瓶の花や植物をあちらこちらで見かけました。

校庭の花壇から切り花したものが、リサイクルの素朴な容器に入れて飾ってあります。

廊下のすみ、水道の流し場、消火栓の上など、あまり目立たない場所に置いてありました。

主事さんがた、いつも目立たない心遣いをありがとう、です。

この2年半の間、生徒たちが花瓶の水をひっくり返したとか、植物の葉を千切ったとかいう話は聞いていないので、みんな主事さんたちの気持ちを受け止めてくれているんだろう、と思っています。

9月13日 授業評価について(第1回) 

秋深まる 秋深まる(クリックで拡大)
今日は少し「かたい」話です。漢字の、堅い、固い、硬い、難い、がみんな当てはまりそうな、あまり面白くない、しかし、大事な話です。

「授業の評価」について、何回かに分けてお話いたします。今日はその第1回めです。

谷中中学校では夏休み直前に「授業評価」を実施しました。生徒全員が、先生方の授業の進め方についての評価をするものです。

もちろん授業は教師と生徒の共同作業です。先生がすばらしい授業をしていても、生徒の側がそれをきちんと受け止めなければ、授業の効果はあがりません。

それゆえ、谷中中の授業評価は「先生の努力」と「生徒の努力」の両方が見えるように項目を立てています。

その項目は次のようなものです。

■授業内容について
Q1 授業の説明は、ていねいで理解しやすかったですか。
Q2 授業の内容を理解しやすくするために副教材(プリントなど)を活用するなど工夫された授業でしたか?
Q3 授業の進む速さは、丁度良いと思いましたか。
Q4 先生の黒板の書き方(実技教科の場合は説明や手本)は、工夫されて分かりやすかったですか?

■授業に対する先生の取り組み方や姿勢について
Q5 先生は生徒一人一人の学習の進み具合をよくみてくれていましたか。
Q6 授業は生徒が質問や発言をしやすい雰囲気でしたか。
Q7 小テストや宿題など(提出物を含む)は採点後、早めに返却されましたか。
Q8 居眠り、私語、遅刻、忘れ物、手紙書き、(見学)などに対して、先生はしっかり指導して、規律ある雰囲気の中で授業が行われていましたか。
Q9 先生は生徒の氏名をよく覚えていましたか。
Q10 授業の指導において、先生は十分な準備をされていたと思いますか。

■授業に対するあなた(生徒)自身の取り組み方や姿勢について
Q11  あなたは先生の話をよく聞いていましたか。
Q12  宿題や課題はきちんとやりましたか。
Q13  テスト勉強は計画的に行いましたか。
Q14  ノートやプリント類にはしっかり記入していますか。
Q15  予習や復習など家庭学習をしていますか。
Q16  居眠りや私語をしていませんか。
Q17 提出物は期限を守って提出できましたか。

(第1回め終わり)

第2回目は、少し日時をおいて、評価の結果の大要についてお知らせします。



9月12日 美しい夕焼け

夕焼け 西の空18時20分頃(クリックで拡大)
校長室のとなりの職員室から「わーっ、きれい!」「すごくきれいだね」という先生方の声が聞こえてきたので、何事かと思って職員室をのぞいてみたら、西側の窓いっぱいにオレンジ色の夕焼けが広がっていました。

こんなきれいな夕焼けを見たのは久しぶりです。

「こんな夕焼けを見ながら、露天風呂につかっていて、お盆にのせた冷えた日本酒をちびちびなめている、なんていうのは堪(こた)えられないだろうな…」と話している先生もいました。夕焼けが楽しい連想(思い出?)に結びついたようでした。

しかし、現実の先生方は期末試験を間近にひかえたこの時期、試験問題の作成で忙しいのです。夕焼け色に染まった職員室には、まだ大勢の先生方が残って仕事をしていました。

9月11日(火) 試験一週間前

試験 この札が出ると試験一週間前(クリックで拡大)
朝夕が涼しくなり、ふだんは静かな路地の奥に虫の音が聞こえる時期になると、きまって秋の期末試験があります。

試験が迫っている今週から来週にかけて、谷中中の生徒諸君は試験勉強で大忙しだろうと思います。

自分の昔を思い出してみると、中学生の頃の私は試験が近づいてくると、なぜか急に読書がしたくなりました。

これは、つらい試験勉強から逃れたい、しかし全く逃げてしまうのもイヤなので、半分は勉強、半分は楽しみである読書にかまけていたのではなかったかと、大人になってから考えました。

試験期間が終わると読書熱が平熱に戻ってしまうのもいつものことでした。「あのとき読書なんかしてないで、もっと問題集を解いておけばよかった」と反省する作文を書いたこともあります。

さて、試験勉強の苦しさをあれこれ経験した一人として、現代の中学生にアドバイスをするとすれば、試験勉強をうまくやるコツの第一は「まず机に座ること」、ですね。

机に座って気分を落ち着かせてみましょう。 次に、自分の好きな教科のすごく簡単な問題を1~2問解くとよいと思います。 この二つができれば、勝ったも同然。

次に15分間だけ、試験勉強をやってみましょう。まず15分だけ頑張ってみる。15分頑張ったら、そこで終わってもよい。もう少し続けられると思えば、少し休んで、また15分だけ頑張る。 この「もう15分だけ頑張ってみよう」精神で、無理をせず、自分のできる範囲でチャレンジしてみてください。

9月10日(月) 振替休業日

校庭の花 校庭の花(クリックで拡大)
今日は振替休業日で学校はお休みでした。

先週土曜日が授業参観日で、授業を実施したことの代休です。

学校はひっそりとしていて、部活の練習をしている野球部や女子バレー部の声が響いていました。 

校庭を散歩がてら見て回ると、珍しいきれいな花が咲いていました。 花を見て即座に名前を言えるといいんだけどな、と思いつつ、写真を撮りました。(これは「合歓の木」の花ではないかと言う人あり)

9月9日(日) PTAソフト終了

弓田選手 ナイスバッティング!(クリックで拡大)
秋晴れの空のもと、PTAソフトボール大会の熱戦が終わりました。

優勝は蒲原中、準優勝は第十三中、三位東綾瀬中でした。

谷中中は大会の会場校で、ホスト校だったこともあり、参加の各校に気持ちよく試合をしていただくことに徹しました。

願いどおりに、皆さんに喜んでいただける大会運営ができたようです。
PTA役員の皆様、お手伝いの皆さん、選手として出場されたお父さん方、どうもお疲れさまでした。ありがとうございました。
全体写真P 選手の皆さん

9月9日(金) PTAソフトボール大会

pれんソフト 開会式(クリックで拡大) 
気持ちのよい秋晴れの朝です。

今日はPTA綾瀬ブロックのソフトボール大会が、谷中中学校グランドで開催されました。

第十二中、第十三中、東綾瀬中、蒲原中、谷中中の5校の間の選択式リーグ戦です。

夏の間に練習を積んだお父さん方の、たくましく日焼けした顔、顔、顔…。

会場準備や応援に頑張っているPTAのお母さん方、お疲れさまです。


そふと 白熱の試合展開

9月8日(土) 愛の献血

献血 献血の受付(くりっくで拡大)


今日は授業参観と同時に、本校で日本赤十字社の「愛の献血」運動を実施しました。

 主催は本校PTA、協賛は谷中会(谷中中学校後援会組織)、 東京綾瀬ライオンズクラブでした。

 地域・保護者の皆さん多数にご協力いただき、ありがとうございました。

9月8日(土)授業参観日

参観日 授業の様子

今日は土曜授業参観日でした。ご多忙のところを学校に足を運んでいただき、ありがとうございました。

保護者の方の出席率は55%でした。3年前に30%程度だったことを思えば、かなり増加したと思います。

しかし、夢はでっかく80%です。80%の保護者の方に学校の授業参観にお出でいただける日が来ることを楽しみにしています。

保護者の方の出席率が上がれば上がるほど、学校は良くなっていきます。早めに予定をお知らせしますので、ぜひ、子どもさんのため、学校のため、お父さんお母さん自身のために、学校の様子を見にお出でください。

9月7日(金) 最新の台風情報

970800 台風9号の進路 (クリックで拡大)


今朝8時30分の気象庁発表によりますと、午前8時現在、台風9号は北緯36度30分、東経139度35分の位置にいると推定されています。


つまり8時現在で台風9号は栃木県の日光市付近にいるということです。


台風の進む速さは毎時30キロメートル、また暴風雨圏は半径150キロメートルだそうです。日光市と足立区とはおよそ90キロメートル離れています。


そこで計算しますと、足立・谷中地域が台風の暴風雨圏内から抜け出ることができる時刻は、午前10時頃だということになります。


ということで、予定に変更なく、 10時20分登校、10時30分授業開始といたします。(追記:9時55分 暴風警報は解除されました。)



9月7日(金) 2時間遅れの授業

6時30分現在、台風9号の暴風・洪水警報が解除されていませんので、昨日お知らせしたとおり、本日は2時間遅れの授業とします。給食はあります。


 登校 10時20分まで


授業開始 10時30分より


時間割  もともとの時間割で1校時から4校時までの授業を実施します。  

9月6日(木) 台風9号への対応

台風9号 クリックで拡大 台風EYEより

午前中の記事でもお知らせしましたように、強い台風9号が関東地方に接近中です。

現時点での気象情報によりますと、明日7日(金)の午前中に足立区谷中地域が風速25メートル以上の暴風雨圏に入る確率は60%程度あるとのことです。

そこで、学校では緊急の会議を開き、明日7日(金)の登下校について次のように対応することとしました。

1 生徒が登校する以前に気象庁から「東京23区東部」に暴風雨警報が発令されている場合は次のように対処します。

 (1) 午前6時30分(始業時刻2時間前)までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行う。

 (2) 午前6時30分以降も警報が継続した場合は、次のことを6時30分から7時30分までの間に各家庭に電話連絡網で連絡する。
   ①午前10時20分までに登校。
   ②10時30分から授業を開始することとする。
    ③時間割はもとの1時間目から4時間目の授業を実施する。

 (3)その他の予定変更については各家庭に緊急電話連絡網で連絡する。

  なお、上記(1)、(2)の場合で、通学路の冠水・河川の増水等により 登校が危険な時や交通機関の途絶等により登校が困難な生徒は、保護者をとおして学校に連絡、相談していただきたい。 

2 生徒登校後、気象庁から暴風雨警報が発表された場合

この場合は、生徒の安全を確保しつつ授業を行い、学校で台風の通過 を待ち、下校することになる公算が大です。 学校の対応については文書、電話等によるお知らせに加えて、「谷中中学校ホームページ」のトップページにお知らせを掲載しますので、こちらもご覧ください。

9月6日(木) 台風9号接近中

強い台風9号が関東地方に接近しつつあります。

学校としては足立区谷中地域のピンポイント情報を絶えずチェックし、最新の気象情報に基づいて、台風への対応をしてまいります。

本日午前9時30分現在の予報では東京23区東部地域に大雨、強風、洪水等の「注意報」が出ていますが、「警報」は出ていません。

今のところ学校としては、生徒の活動にかかわる特別な対応方針は発動しておりません。

しかし、気象庁から「7日6時には東京都付近へ達する」「台風の進路にあたる地域は、暴風や大雨に厳重な警戒が必要」との予報が出ていますので、今後とも情報収集と分析を鋭意行い、緊急の会議等を必要に応じて開き、適切な方策を講じます。

次の「天気予報コム」から「台風情報」にアクセスできます。


 

9月5日(水) 頑張っている朝練習

朝夕がしのぎやすくなりました。

早朝の校庭では、テニス部、サッカー部などが朝練習に精を出していました。

また、各学年より選抜された連合陸上の選手の皆さんも、柔軟体操やランニング練習に取り組んでいました。 このあと、急にスコールのような雨が降り出しましたけれど…。

雨の中、昨日に続き「あいさつ運動」2日目を実施しました。開かれた学校づくり協議会の皆さん、PTA役員の皆さん、早朝からご協力ありがとうございました。


 朝練習 雨の直前、朝練習風景

9月4日(火) あいさつ運動始まる

今日から生徒会・生活委員会によるあいさつ運動が始まりました。

あいさつ運動は学校生活の節目、節目に年4回程度実施しています。 今回は週末の金曜日まで実施する予定です。

今朝は開かれた学校づくり協議会・会長川田喬さん、副会長で青少年委員・冨澤松夫さん、PTA副会長・後藤美津子さんも参加され、生徒に「おはよう」の声をかけていただきました。
あいさつ あいさつ運動

9月3日(月) 朝礼の様子

朝礼で次の話をしました。先週全体集会で話をしたばかりなので、今回は具体的・実際的な内容にしました。

「夏休みが終わり、学校が始まって一週間がたちました。生徒の皆さんには早く学校生活のリズムに慣れて欲しいと思っています。

学校生活のリズムに慣れるには、どうしたらいいと思いますか?それは、前の晩早く寝ることです。早く寝ることで、次の日のリズムがきちんと動き出します。

さて、学校が始まったと思ったら、まもなく期末テストがあります。期末テストの準備はもう始めていますか?自分が取りたい目標点はもう考えましたか?テスト準備は早ければ早いほど、よい結果が得られます。

何事もしっかりと準備をすることが大切です。夜早く寝ることが、次の日のよい準備になるように、早めに期末テストの目標点を考えることで、しっかりした準備をしてほしいと思います。」

朝礼後、養護教諭の先生の離任式、AET(外国人英語指導員)の先生の着任式を行いました。
千谷離任式千谷彰子先生の離任式
joeJoe Holcomb 先生の着任式 シカゴ出身            ジョーと呼んでほしいと言ってました

HOME →次ページ

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。