谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中湖自然教室の第1日め

20080701045303
【入園式】

山中湖自然教室の第1日めは順調に進んでいます。

参加者は男子69人、女子74人合計143人です。(欠席3名)怪我や事故はありません。

現在は宿舎に入り、入浴をしているところです。

今朝出発したときは小雨が降っていましたが、根場(ねんば)村でホウトウづくりをしている間に雨は止みました。

今年の1年生はホウトウをよく食べます。私が一緒に食べたクラスはほとんど残食がありませんでした。

ホウトウを食べた後、湖を一周する遊覧船プリンセスオデット号に乗りました。

あいにくの曇り空でしたが、船から見る山々の緑がとてもきれいでした。

このまま雨が止んで明日の山登りが無事にできればいいのですが…

ではまた、報告します。
スポンサーサイト

PTAバレーボールチーム

今日は一日中雨の、静かな日曜日でした。

アガパンサス
アガパンサス


校庭では、アガパンサスが綺麗に咲いていました。

午後の体育館ではPTAのバレーボールチームが練習をしていました。

ptaバレー
PTAバレーボールチーム


ちょうど通りかかったので、写真を撮らせてもらいました。

実はこの日、30周年記念誌のための写真撮影があったのです。それで、PTAバレーチームの皆さんはユニフォーム姿です。

その時点で、まだ集合していない人が何人かいたのだそうですが、とりあえず1枚撮影しました。

保健体育の先生はPTAバレーのコーチ役です。

数学の先生は私と同じく、ちょうど通りかかったところを写真の中に引きずりこまれたものです。「枯れ木も山のにぎわい」という語句がちらと脳裏をかすめましたが…。

さて、いよいよ明日から、1年生は山中湖自然教室、2年生は職場体験、3年生は上級学校訪問に出かけます。

3学年とも事故なく、安全に3日間を過ごしてほしいものです。

野球部、女子バレーボール部快勝

今日の土曜日は、中学校体育連盟の夏の大会(公式戦)が行われました。
各部の結果は次のとおりです。(16時現在の情報)

【女子バレーボール部】   足立九中会場

ブロック大会進出をかけて、加賀中チームと対戦し、快勝しました。
    
谷中中 2 < 25-13, 25-7 > 0 加賀中

対加賀中
1年生はギャラリーで応援


対加賀2
レシーブを頑張る


対加賀3
サーブで崩す


対加賀4
試合終了 相手チームも健闘しました。 


・・・・・・・・   
  【野球部】  逆転勝ちで3回戦に進出 午前9時試合開始 西新井緑地野球場  
チーム名 1回 2回3回4回5回6回7回合計
谷中中
扇中 1


相手にホームランで先行されましたが、じっくりと攻めて逆転。守備陣もよく頑張り、終わってみれば5対2の快勝でした。

野球部は現在夏の区大会ベスト8に進出しています。次の木曜日に区大会ベスト4を賭けた試合があります。

女子バレーボール部はブロック大会に進出し、次の土曜日に試合を行います。
     




部活動の公式戦が花盛り

おはようございます。

今日の土曜日は部活動の夏の大会の公式戦が各種目で予定されています。

女子バレーボール部… 会場:足立九中
テニス部… 会場:青井中、足立十一中
野球部… 西新井緑地グラウンド

朝9時から試合開始のところもあります。

私はあいにく、サタデースクールの方に出ますので、午前中は試合の応援に行けないのですが、午後は可能な限り、試合会場に顔を出したいと思っています。

試合結果については夕方お知らせします。

学校説明会

今日は学校公開週間の最終日でした。

午後4時から第1回学校説明会を開きました。60余名の方に参加していただきました。

説明会1
教務主任の説明


説明会

校長として次のことをお話ししました。
・・・・・・・
谷中中教育の特色
(1) 達成感を味わえる指導の充実
学力向上、生徒会・委員会活動、部活動、ボランティア活動などを通し、一人一人の生徒が達成感を味わえるように指導の手立てを尽くす。

(2) 一人一人の生徒に応じた指導 
数学、英語での少人数習熟度別授業  中間テスト後に、中間通知として全教科の教科担任から一人一人に詳しいコメントを書いて通知する。

「大規模校と比較すれば、一人一人が2倍の注目を受け、2倍の活躍の場がある」

(3) 学校運営協議会がある→コミュニティスクールである。
「地域の学校」としてのよさを生かす

谷中、大谷田、辰沼、佐野、神明、加平地域の住民や町会との密接なかかわりを大切にし、学校運営に地域住民やPTAの方々に参画していただいている。
* 辰沼小、中川小との小中連携コンサートの実施(9月) 今年度も谷中中で開催を検討
* 地域住民、PTAも参加する文化祭(10月)
* 家庭教育講演会(10月)、卒業を祝う餅つき大会(3月) 

(4) 体験的な学習の充実
*1、2年生は 3日間、事業所や官公庁、病院、学校等に出かけ、職業体験を行う。
挨拶、依頼状作成、時間厳守、勤務態度、接客マナー、礼状作成、体験学習の発表の原稿作成(パソコン)、プレゼンテーション等の学習をとおして、社会に生きる力を養う。

3年生は3日間の上級学校訪問を行う。

(5)部活動の充実
部活動の活性化に努める。

部活動については一覧表にまとめてありますので、「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む »

6月の校庭~タチアオイ~

そのうちタチアオイの画像をアップしますと言っておきながら、なかなかチャンスがありませんでした。

うかうかしていると、6月も終わってしまいそうです。

夏のまぶしい光や強い影は、タチアオイのどこか弱々しい花の姿には似合わないと思いますので、梅雨の明けきらぬうちに、タチアオイの花弁に雨のしずくが残っているうちに、可憐なタチアオイの写真を掲載いたします。

タチアオイ1


タチアオイ2


タチアオイ3


タチアオイ4


タチアオイ5

写真はすべて谷中中学校の校庭の花壇で撮影したものです。同じタチアオイでも様々な色のものがあるようです。

学区内のあるお宅の庭には、黄色のタチアオイが咲いていました。そのときはカメラを持っていなかったので撮影できませんでしたが…。

タチアオイの世話をしてくれているのは用務主事さんたちです。主事さんたちもこの花が好きなのだそうです。

こんな話をしていました。

「この花は綺麗だけど、切り花にできないのが残念なんですよ。切り花にするとすぐに枯れてしまうので」

なのだそうです。やはり、どこか弱い花なんでしょうか。気にかかる花です。

・・・・・・・・・
文中の「黄色のタチアオイ」の写真を「続きを読む」のページに掲載します。
興味・関心のある方はご覧ください。

続きを読む »

吹奏楽部のパート練習

谷中中では、今週は毎日学校公開を行っています。

昨日の話ですが、一般生徒の下校が始まった頃、「部活動の練習の様子を見せていただいてもよろしいですか」と来校された方がありました。

小学校の保護者の方で、見たい部活動は吹奏楽部だということでした。

「どうぞ、どうぞ」と吹奏楽部の顧問も快諾していました。

私も3階と4階の音楽室に行ってみました。

サキソフォン

昨日の吹奏楽部はパート練習に取り組んでいました。

サキソフォン、トランペット、フルート、パーカッションのそれぞれのパートに、外部指導員の方々が来校されて指導にあたっておられました。

トランペット

私もそれぞれのパートの練習をのぞきにいきましたが、専門家の指導は無駄がないですね。今一番必要なアドバイスをずばっと言う。

そして、そのアドバイスの内容を生徒がきちんとできるように指導する。

パーカッション

どこをどのように改めれば、もっといい音が出せるのかを、一人一人に的確に指導していました。

生徒も指導員の先生の指示に一生懸命に取り組んでいました。

「的確な指示」→「生徒の努力」→「結果がすぐに分かる」→うまくいった場合、その技術を安定的に身につけるために繰り返し練習。

フルート

うまくいかなければ、励ましつつ、さらにその生徒にあったアドバイスをする。

10分前の音とは明らかに音が違う、ということを生徒たちは実感できたと思います。

パート練習の様子を見ていると、そこには「指導」というものの根本の姿があるように思えました。

最初の的確な指示を出す前に、その生徒の「現在の課題を見抜く眼」が大切なことを痛感しました。

道徳の授業公開

今日は4時間目に「道徳授業地区公開講座」がありました。(都内全域でこの名称を使っていますので、それにならっています。)

道徳の授業を保護者・地域の皆さんに見ていただいて、お互いに道徳の時間の指導についての意見交換をしましょうという趣旨の催しです。

概要については先日ご案内したとおりです。

本日参加してくださったのは、全部で35人の方です。

doutoku
廊下でも授業を参観


doutoku2
ビデオ「まさかの未来」を見る


その内訳は、小学校の保護者の方9名、谷中中の保護者の方26名でした。

参加していただいた皆さんには道徳の授業についてのアンケートに答えていただいていますので、そのまとめを次ページに掲載します。

興味・関心のある方は「続きを読む」をクリックしてお読みください。

続きを読む »

非行化防止キャンペーン コンサート

日曜日の今日、「第6回 非行化防止キャンペーン コンサート」が開かれました。

アルストロメリア
アルストロメリア(インカの百合) 中川小学校へ向かう途中の路地の花


主催は青少年対策佐野地区委員会で、会場は中川小学校体育館でした。

非行化防止の標語の表彰式があり、谷中中学校からは2年生の山下悠希さんの作品が優秀賞に選ばれました。

hyoushu
標語の表彰式


「ダメな事 自分で判断 ブレーキを」 という作品です。山下さんの表彰および作品については明日月曜日の朝礼であらためて全校生徒に紹介する予定です。

表彰式のあとの、「非行化防止講演」では綾瀬警察署生活安全課長 牧野隆氏が講演されました。

seikatu
生活安全課長の講演


お話の主な内容は次のことでした。興味・関心のある方は「続きを読む」をクリックして、お読みください。

・・・・・・

続きを読む »

フラワーアレンジメント教室など

今日の土曜日、谷中中学校ではさまざまな活動が行われました。

ニュースフラッシュ風にお知らせします。

(1) フラワーアレンジメント教室
毎月1回のフラワーアレンジメント教室では、高梨時子先生の指導で、 「寄せ植え」の製作をしていました。

フラワー
今朝は外での実習でした。 



寄せ植え
寄せ植えの作品



中学生、高校生やPTAの方々、地域住民よりなる受講生の方々は思い思いに「寄せ植え」のアレンジをしていました。

きれいにできた作品を一つ、学校に飾ってくださいということでいただきました。ありがとうございました。

(2)サタデースクール
  開かれた学校づくり協議会の別府さんや、学生ボランティア、社会人ボランティアの方々を講師に、サタデースクールが開講しました。

サタデースクール改
サタデースクール



  参加した生徒諸君は熱心に、数学と英語の勉強に取り組んでいました。

(3)部活動
  予定されていた野球部の公式戦はグラウンド状態不良のため、次週に延期されました。

  夏の公式戦を控えて、女子バレーボール部、テニス部、野球部などの練習が熱を帯びていました。

(4)PTA活動
  7月12日(土)に予定されている綾瀬ブロック5校(十二中、十三中、東綾瀬中、蒲原中、谷中中)のPTAブロック研修会の打ち合わせが行われました。

  PTAの皆さんには、30周年行事の実施段階の案についても考えていただいており、感謝至極です。

 

 
  

齋藤教育長来校-学校公開週間 初日-

谷中中では今日から学校公開週間が始まりました。

今日の金曜日が初日で、来週木曜日(26日)が最終日です。一週の幅で、5日間実施します。

学校公開週間


来週金曜日(27日)は山中湖自然教室の前日指導を行う予定です。そのため、学校公開日が一日前倒しになっています。

保護者の皆様には、事情をご理解いただきたいと思います。

さて、学校公開の初日に、足立区教育委員会の齋藤幸枝教育長が来校されました。

随行のかたをお連れにならず、一人でお出でになりました。

PTAの方々に務めていただいている受付で記帳され、学校要覧やアンケート用紙をお受け取りになり…全くの自然体でした。

校長室では、谷中中の施設設備のことや、学校運営協議会のことを2、3質問されました。

ほぼ全クラスを参観されました。

移動の途中、階段のところで、保護者の方と私とが立ち話をしているのを、そばでにこにこしながら聞いておられました。

約1時間滞在されましたが、その間、教育長からいただいた基本的なメッセージは「激励」だったと思います。

ところで、今日の私は、珍しく写真撮影を忘れてしまいました。

教育長来訪の写真を1枚も撮っていません。

今から思えば、教育長の授業参観の様子を撮影しておきたかったなと思いますが、すっかりカメラのことを忘れていました。

教育長の応接に熱心だったあまり、撮影は忘れたということですよね、やはり。

















チャドクガ

今日は嫌なニュースです。

足立区教育委員会より、区内でチャドクガ(毛虫)が大量発生したとの通知がありました。

幸い本校校庭の樹木には見られませんが、公園等で被害にあうことがあります。植え込みの中には入らない、ツバキ科の木には近付かない等の注意が必要です。

万一、チャドクガに刺されたら、手でこすったり、かかないようにしてください。

セロハンテープ、ガムテープ等を刺された箇所にはって毒毛針を取り、流水で静かに時間をかけて洗い流し、すぐに皮膚科を受診するようお勧めします。

そのままにしておくと、かゆみが長く続き、つらい思いをする場合が多いようです。

4
チャドクガ(茶毒蛾)の幼虫 【群馬大学 青木繁伸氏撮影】
茶、サザンカ(山茶花)、ツバキ(椿) などツバキ科の葉を食べるので、その近辺にいる。
 


ところで、チャドクガの件で校庭を見て回ったとき、花壇には6月の花が色とりどりに咲いていました。

今日は気分直しに1枚だけ、アップします。

タチアオイ3
タチアオイ 


ため息が出るくらいに、立葵がきれいでした。赤、ピンク、白、深紅…

色とりどりの立葵は後日アップします。お楽しみに。

道徳の授業参観

先日(6月16日付)、「道徳授業地区公開講座のご案内」というお知らせを各ご家庭に配布いたしました。

金糸梅
金糸梅(きんしばい) 学校近辺の路地の花


「道徳授業地区公開講座」という名前がものものしいのですが、平たく言えば、道徳の授業を保護者の皆様に参観していただきたい、という意味の文書です。

6月23日(月)の4校時(11持40分~12時30分)に全学級で、学級担任が道徳の時間の指導を行いますので、どうかご覧ください。

第1学年は「生命の尊重」を主題として、ビデオ「まさかの未来」を視聴しての授業です。

第2学年は「働く喜び」を主題として、「仕事で学んだこと」という資料を使っての授業です。

第3学年は「自己の人生の開拓」を主題として、「体験して学んだこと」という資料を使って授業を行います。

八重咲きアジサイ
八重咲きのアジサイ 学校近辺の路地の花


道徳の授業は生徒たちの心をたがやし、心を育てていく大切な時間です。

谷中中の生徒たちがどんな道徳の授業を受けているか、ぜひご覧ください。

授業後、アンケート用紙にて、ご意見・ご感想をお寄せいただければ幸いです。



サタデースクールが始まります

今週末の6月21日(土)から、平成20年度の谷中中学校サタデースクールが始まります。

さた
サタデースクールの様子 【昨年度の画像】 


サタデースクールは開かれた学校づくり協議会の主催で実施します。

指導講師は現役の大学生や社会人のボランティアの皆さんです。

この事業の全体統括は、地域の児童指導員で、開かれた学校づくり協議会委員の別府さんに担当していただくことになっています。

すでに、1年、2年、3年生の合計24人が申し込んでいて、①漢字検定、英語検定、数学検定のどれかの受験を準備するコース、 ②教科書の復習問題に取り組むコース、に分かれて学習します。

毎週土曜日に実施しますので、保護者の皆さんにも、頑張って登校している生徒の姿を見かけたら声をかけていただければ幸いです。



谷中会のことなど

みなさん、こんにちは。

今日はあまり時間がとれないため、「ニュースフラッシュ」風に、二つのことをお知らせいたします。

ガクアジサイ
ガクアジサイ 学校近辺の路地の花


(1) 来年度の入学者の定員は150人
平成21年度の谷中中学校の新入生の定員は150人を予定しています。今年も定員150人でした。

今年は希望者が多く、抽選になりましたが、来年度はどうでしょうか?

谷中中学校は数学と英語で、少人数習熟度別授業を実施しています。

1学年の定員が150人で、4クラスくらいの規模の学校がいいと思う保護者、生徒の皆さんは、どうか谷中中学校を選んでください。

教育内容は、どこの学校にも負けていないです。

生徒の力を伸ばすことに自信がある学校です。

あざみ
アザミ 学校近辺の路地の花


(2)谷中会の総会を開催
先週土曜日の夕刻、谷中会(やなかかい)総会が開催されました。PTAのOB・OGの組織で、谷中中の支援組織です。

本年度の活動方針、予算等が決まりました。

ライティア
キョウチクトウ科ライティア? 学校近辺の路地の花


谷中中学校の創立30周年に当たる今年は、周年行事に全面的に協力することが決議されました。

谷中会の皆さん、よろしくお願いします。

見事なハナショウブ!

今日の日曜日、週末カメラマンの私は学区内の『しょうぶ沼公園』を訪れました。

ハナショウブの見ごろの時期に訪れたのはなんと初めてです。

しょうぶ2
五つの菖蒲田の一つ


四海波
ハナショウブ「四海波」 


しょうぶ沼公園は北綾瀬駅から徒歩1分のところにあり、谷中中から徒歩7、8分の距離です。

谷中中がさまざまな校外学習を実施するとき、生徒の集合・解散場所として、よく利用しますので、なじみ深いところです。

もちろん今まで「『しょうぶ沼公園』のハナショウブはきれいだよ」という話はよく聴いていました。

写真やポスターで見たことがあります。

しかし、実際にハナショウブの咲きそろった時期に『しょうぶ公園』を訪れたのは今回が初めてなのです。

なぜだろう?

なぜ今まで来なかったんだろう?

ちょっと考えてみましたが、理由が見つかりません。

町娘2
「町娘」 
 

しょうぶ1
「磯の朝風」


ハナショウブの美しさを知らなかったわけではなく、昨年のこの時期は、確か浜松町の浜離宮恩賜公園に行って、そこの約1000株のハナショウブの写真を撮っています。

しかし、足立区谷中の『しょうぶ沼公園』のハナショウブは、約80種6500株もあります。

種類や株数も多いのですが、広さも相当なものです。

調べた限りでは、ハナショウブに関しては都内随一ではないかと思われます。

しょうぶ沼
黄色のハナショウブ「愛知の輝き」も咲いている



無双
「無双」 



夜明け前
「夜明け前」


もともと野生のハナショウブがたくさん生えていて、『しょうぶ耕地』と呼ばれていたところが、土地区画整理事業を経て、『しょうぶ沼公園』になったのだそうです。

もともとハナショウブに適した土地柄だったんですね。

現在5、6割が開花しているということですから、まだまだこの後楽しめます。

今日はハナショウブの美しさを堪能した一日でした。







女子バスケットボール部の試合

今日の土曜日、部活動の夏季大会が各会場で開かれました。

今回私はバスケットボール部の試合の応援に行きました。
(野球部の試合も気にかかりましたが、野球部はシード校なので勝つだろうと思っていました。)

ゴール下
白のユニフォームが谷中中。フラッシュが使えないので画面が暗い。


会場の千寿桜堤(せんじゅさくらづつみ)中学校体育館に到着したときは、女子チームの試合がすでに始まっていて、ちょうどハーフタイムに入ったところでした。

相手は足立区立六月中学校です。ユニフォームの胸に JUNE と書いてありました。

得点表示板を見ると、22対12 と表示されています。

なんと谷中中が10点ビハインドでハーフタイムでした。

谷中中バスケットは全員が2年生のチームです。バスケット部が再結成されてから、まだ1年と2ヶ月しか経過していません。

相手はおそらく3年生主体のチームでしょう。やはりむずかしいか…と思いました。

ところが、谷中中のベンチはとても明るかったのです。

「5本差だよ。追いつけるよ」

「大丈夫、絶対勝てるからね」

「ガンバロー!」

ベンチは、シュンとなって下を向いているわけではありませんでした。

前半のプレーの間に選手たちは何かの手応えを感じていたのかも知れません。

後半が始まりました。

ドリブル
ドリブルで持ち込み得点



谷中中女子の反撃が始まりました。

時間の経過とともに、10点差が少しずつ縮まっていきます。

第3クォーターが終わったときは、4点差に縮まっていました。

第4クォーターに進み、残り3分になったとき、なんと1点差になりました。

僅差
残り3分で1点差



しかし、六月中の3年女子も頑張ります。必死の形相でリバウンドを取りにきました。

3年の夏は負けた時点で、選手生活が終わりになります。3年生は必死です。

相手の監督も頻繁にタイムを取って気合いを入れ直しています。

お互いに得点し、得点され…汗がコートに飛び散りました。

両チームの応援団が悲鳴のような声で叫びます。

体育館の中に応援の声がワァーンワァーンと響きます。

残り50秒。得点は 38対36。

谷中中の2点ビハインドでした。1本差です。

相手はボールを持ったら時間をつぶしに来ます。そのボールを谷中中が奪い、ドリブルで持ち込んでシュート!

惜しくもはずれました。

相手ボールになったのを、また谷中中がマイボールにしたとき、残り3秒。

ロングパスでゴール下に持ち込もうとしましたが、パスがはずれてしまい、そこで試合終了。

息詰まる熱戦で、好試合でした。

3年生チームを相手に勝つチャンスはありました。

後半だけを見れば、24対16。8点差で勝っているのです。

しかし、残念ながら試合全体では、勝ち運に恵まれませんでした。

明るかった選手たちは、試合後の挨拶をすませたあと、ベンチに戻り、目から涙をあふれさせて、悔しがっていました。

悔し涙を胸に刻んでほしい、と思いました。

この悔しさをバネに夏の間の苦しい練習に耐えてほしい。

秋には、君たちはきっと強いチームになる。

心からそう思いました。




山中湖が近づいた!

中間考査が終わりました。

明日は野球部、バスケットボール部などの夏の大会の公式試合があります。

試合のある選手諸君は、落ち着いて日頃の練習の成果を発揮してほしいと思います。

さて、中間考査が終わると、1年生の皆さんには山中湖の自然教室が近づいてきます。

先日担当の先生から、「しおりに載せる校長挨拶の原稿をお願いします」と頼まれました。

以下にその原稿を掲載しますので、興味のある方はお読みください。

・・・・・・・・・・

続きを読む »

谷中中の応援旗

本日、中間テストの第1日目(英語、理科)が終わりました。

明日は第2日目で、国語、数学、社会の試験があります。

生徒諸君は一生懸命に勉強をしていることと思います。

応援旗
谷中中の応援旗


ところで、今朝、職員室前の廊下に、谷中中の応援旗が張り出されていました。

野球部が春の足立区大会で準優勝をし、都大会に進出し、ベスト16になったことを好機として、部活動の応援旗を作ろうという機運が生徒会・教職員・PTAの間で盛り上がりました。

早速デザインを話し合い、急いで発注した結果、写真のような応援旗ができあがってきました。

今朝はそのお披露目です。夏の大会には間に合いそうです。

谷中中には野球部の他にも、一生懸命に練習をしていて、活躍が期待できる運動部がいくつかあります。

夏の大会では、新しい応援旗の下、各部とも思い切り練習の成果を発揮してほしいと思っています。

明日から中間考査

明日から2日間の日程で、前期中間考査があります。

定期試験では一人一人の生徒がどのように学習してきたかが、結果になって表れてきます。

登山新
学習は登山に似ています。[昨年の山中湖自然教室の画像] 


1年生の諸君にとっては中学生になって初めての定期試験です。

中学に入学してから、この2ヶ月半の間に、真剣に学習に取り組んだかどうか、学習内容をよく理解したかどうか、理解したことを使えるようになったかどうか、などが結果になって出てきます。

この2ヶ月半の取り組みについて振り返ってみる、よい機会にしてほしいと思います。

2年生にとっては、新しい学年、新しいクラスになって初めての定期試験です。

昨年とは教科担当の先生が替わっている場合もありますので、「初舞台」のつもりで、気合いを入れたいところです。

学習内容としては、1年生の間に学習したことの積み重ねの上に、2年生の学習内容があります。

やはり、①学習に真剣に取り組んだかどうか、②理解できているかどうか、③理解したことを使いこなせるかどうか、が問われます。

中学生の学習内容は、基礎基本を扱っていますので、普通に学習に取り組めば、誰でも「できる!」「分かる!」状態になりますので、頑張ってほしいものです。

3年生にとっては、いよいよ進路選択、進路決定をする学年になり、その第一試合の定期試験です。

3学年では、1学年、2学年の学習の積み重ねの上に、3年の内容を積み上げていきます。

1、2年生のときはあまり学習に身を入れなかったけれど、「3年になったら頑張る」という生徒もなかにはいると思いますが、相当真剣に頑張らないときびしいです。

勉強は山登りに似ています。 

毎日少しずつ、分かること、できることを増やしていけば(一歩一歩登っていけば)、ある日ぱっと目の前が明るく開けて、山の見晴らし台につきます。そこで、少し休んで、元気を回復して、また一歩一歩登っていく…苦しい、途中でやめようかな、と思ったりする、でも少しずつ頑張る、頑張る…すると、とうとう頂上が見えてくる、というわけです。

一歩一歩登っていくのに時間がかかります。時間を大事にして、気持ちを集中して学習に取り組むことが大切です。

やった頂上だ!(やった、志望校に合格した!)を谷中中からの受験生全員に味わってほしいと思います。そのために、一人一人の努力が必要です。(一人一人が自分の足で進まない限り、山登りはできません。)

中間考査は、着実に自分の足で進んでいるかどうかを確かめる意味があります。



鎌倉の路地

このあいだの日曜日、鎌倉にあじさいを見に行ったとき、鎌倉市内の路地をあちらこちら歩きました。

あじさいの仲間
路地の塀ぎわのあじさい


私は実は狭い路地が大好きなのです。

成就院のあじさいを見た後、切り通しの坂道を下って、長谷寺方面に向かいました。途中は、民家の集まる地域で、狭い路地が続いています。

民家の間のほそぼそとした路地には生活感があふれていて、普段着の鎌倉が見られます。買い物帰りのおばあちゃんや昆虫アミを持って走っていく小学生を見るとほっとします。

こんなことを書くと、お叱りの言葉が飛んで来そうです。

「路地ですって?それが学校教育と何の関係があるんですか?」などと。

そうですね…。

私の考えでは、学校経営の基礎となる「地域理解」の分野に該当すると考えています。

私が思うに、路地にはやさしさが感じられるのです。

たいていの路地はきれいに掃除されています。土地の人々が「自分の家の周りは自分できれいにする」精神を地道に実践しているのだと思います。

時計草
路地のフェンスの時計草


時計草2
路地のフェンスの時計草


また、民家の塀にはつる草がからまっていたり、塀と道路のわずかな隙間に花が咲いていたりします。ちょっとした心遣いで、路地をきれいに見せる工夫をしています。

namae
石垣の上の草花 名前は不詳


ある外国人記者が東京の下町を訪れて、「日本人は家の中からは見えない場所の、塀の外に花を咲かせている」と驚いていました。「これが日本の伝統文化というものの正体かもしれない」とも書いていました。

鎌倉の路地にも「通行人の皆さんに楽しんでもらうため」の花が咲いていました。

そう言えば、極楽寺でも、境内にはあまり花は咲いていませんでしたが、山門の外にはきれいなあじさいが咲いていました。

路地の花も、寺社の参道のあじさいも、つまるところは同じ心なのかも知れません。

「よくいらっしゃいました。ささやかな花を楽しんでいってください」

足立区の谷中・大谷田の民家の庭先や路地にも同じ心が表現されています。

校区を歩き、路地の花の写真を撮るたびに、「このささやかな気持ちが嬉しい」と思っています。

鎌倉のあじさい PART2

あじさいを見に鎌倉に行って来ました。

と言っても、鎌倉は東京駅から普通電車で1時間ほどで行ける距離なので、あまり遠出したという感じはしません。

「ちょっと鎌倉まで行ってきた」という感じですね。手軽に行けるのが嬉しいです。

標識
標識には出ていないが、長谷寺も近い


今回は、長谷寺、極楽寺、成就院のあじさいを見ました。

斜面4
成就院の参道


斜面3
斜面のあじさい


クラウン
西洋あじさい


クラウン赤
西洋あじさい


白がくあじさい
白がくあじさい


成就院のあじさいについて、昨日の記事で「3年に一度は花を休ませる」と書きました。

しかし、ある方からメールをいただきました。「昨年は確かに成就院ではあじさいは咲いていなかったが、それは大雨のため、山の斜面が崩れたからだと聞いている」とのことでした。

「3年に1度養生説」は鎌倉の人力車のお兄さんがお客さんに説明しているのを、ちょうど通りかかった私が立ち聞きしたものです。

どちらが本当なんでしょうね。

斜面
成就院参道。由比ヶ浜が見える。 


成就院のホームページを覘いてみましたが、特に説明はありませんでした。あじさいの剪定(せんてい)についても調べてみましたが、「3年に一度休ませる」という記事は見かけませんでした。

どうやら、「山の斜面が大雨で崩れた説」に軍配が上がりそうです。

あじさいの花芽は前年の10月頃までに仕込まれるのだそうですが、それ以降に何かの原因で花芽がダメージを受けると、翌年は咲かないのだそうです。いくら根株がしっかりしていて、肥料をやってもダメなのだそうです。

ということは、今年の成就院のあじさいは自然災害のあと、それを乗り越えて初めて咲いた花だということですね。

なんとなく貴重な、よくぞ咲いてくれたと有り難く思えるあじさいです。

シーボルトが日本を出て、長い船旅を経てドイツに帰着したあと、日本から持ち帰ったあじさいが初めてヨーロッパの地で花を咲かせたときの、シーボルトの喜びがほんの少し分かるような気がしました。



  

鎌倉のあじさい 

忙中閑あり-ということで、この日曜日、週末カメラマンの私はあじさいを見に鎌倉に出向きました。

enodenn
江ノ電は満員でした。 


あじさい(紫陽花)は、幕末(1823)に長崎のオランダ商館にやってきた医師シーボルト(ドイツ人)の愛した植物の1つです。シーボルトは日本人妻お滝さんの名前をとって、あじさいの学名を Otakusa と名付けたこともよく知られています。日本原産で、シーボルトによってヨーロッパに紹介されたあじさいは、さまざまな物語を秘めている花です。

長谷寺
長谷寺


今回私が鎌倉のあじさいを見に行ったのは、実は谷中中学校の校庭や花壇に、もっとあじさいを植えられないか、という気持ちがあり、その下調べの意味もありました。

はせでら
長谷寺 斜面に咲くさまざまなあじさい


今回訪れたのは、長谷寺、極楽(ごくらく)寺、成就(じょうじゅ)院です。この三つの寺はお互いに近く、徒歩15分くらいの圏内にあります。

鎌倉のあじさい寺としては明月(めいげつ)院が有名ですが、明月院は頑固に一種類のあじさいしか植えていないので、いろいろなあじさいの花を見たい私としては、今回は明月院は訪問しませんでした。(以前にあじさいを見に訪れたことがあります)。

最初に長谷寺に行きました。ちょうどあじさいが見頃の時期なので、境内はごった返していました。あじさいは人気のある花なんだなと思いました。外国人の見物客も多かったです。

長谷寺は小高い場所に建っているので、海が見えました。海からの風が心地よかったです。

はせでらと海
長谷寺から海が見える


極楽寺は地味で、閑静な寺でした。境内はひっそりとしていましたが、門前のあじさいは種類が多く、きれいで、楽しめました。

極楽寺
極楽寺 山門


極楽寺2
極楽寺 青がくあじさい


極楽寺3
極楽寺のあじさい


極楽寺4
極楽寺のあじさい



長谷寺と極楽寺のあじさいを見たあと、成就院に行きました。

成就院は、3年に1度はあじさいの養生のために、茎をすべて切り取って花を咲かせない年を設定するのだそうです。

昨年がその養生の年に当たっており、昨年はひとつも花を見ることができなかったそうです。

今年は養生明けの年。成就院のあじさいはどんな花を咲かせているのか、楽しみでした。
(続く)


山中湖自然教室 保護者説明会

体育祭が終わって、ほっとしたのもつかの間、翌日の5日(水)午後4時より、1学年の山中湖自然教室の保護者説明会を開催しました。

保護者会
山中湖自然教室 保護者説明会


足もとの悪い中、多数の保護者の皆様に集まっていただき、ありがとうございました。

今年の山中湖自然教室は、6月30日(月)出発、7月2日(水)帰着の2泊3日の行程です。

1学年の生徒諸君にとっては、中学生になって初めての宿泊をともなう行事です。足立区立の宿泊施設(足立区林間学園)を利用します。日程の大要は次のとおりです。

・・・・・
【第1日】 バスで出発  根場(ねんば)民宿村で『ほうとう』作り、昼食 
      山中湖の観光船に乗船 学園着 入園式 入浴 夕食 学習・レクリエーション

ほうとう
ほうとう作り [昨年の画像です]  


【第2日】 集団登山(紅葉台)… 紅葉台ドライブイン昼食 …樹海遊歩道…風穴見学… 野鳥の森公園 学園着 入浴 夕食 学習・レクリエーション

登山
紅葉台登山 [昨年の画像です]


【第3日】 退園式 学園出発 富士スバルライン 奥庭散策 富士山5合目 雲上閣 昼食
       河口湖インターチェンジ(中央高速) 集合場所着 解散
    
・・・・・・

1学年の生徒諸君は中間考査の試験準備に取り組みつつ、山中湖の事前学習にも取り組んでいます。

入学式を嵐のような激しい風雨の中で行い、体育祭は2度雨で流された今年の1年生諸君。

山中湖自然教室はきっとびっくりするような晴天に恵まれることと信じています。

 

メールへのお返事

みなさん、こんにちは。

今日は一言お礼とお詫びを申し上げます。

今回の体育祭について、「校長室だより」のコメント欄に意見・感想を書いてくださいました皆様、また校長宛メールアドレスに意見や感想をお寄せくださいました皆様。

まず、お詫びを申し述べます。

まことに申し訳ありませんが、私の方で操作ミスをしてしまい、いただいたメールをすべて削除してしまいました。

お返事を書こうと思って、フォルダにまとめて操作している最中に間違って消してしまったものです。

本当にドジをやってしまい、申し訳ありません。

次にお礼です。

これらのメールをとおして、皆さんに励ましていただいたことや、「よくやった」というお褒めの言葉をいただいたことに感謝申し上げます。右に行くか、左にするかを考えているときに、とても勇気づけられました。

メールをいただいた皆さん、お一人お一人にお返事を書くことはできませんが、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

本当にありがとうございました。

体育祭 無事終了

おかげ様で、体育祭を無事に、十分な成果をあげて実施することができました。

看板
体育祭の看板。晴天が覗いています。


朝の段階で心配していた空模様も、次第に日射しが出てきて、午後は梅雨の時期とは思えないほどの晴天に恵まれました。

タワー
4段タワーの完成


保護者、地域の皆様には、二度も雨に降られて、体育祭が延び延びになった過程では、いろいろとご心配をおかけしました。

今日の生徒たちの明るい笑顔、はつらつとした演技に免じて、ご心配をおかけしたことをお許しいただければと思います。

1000メートル走
1000メートル走。 抜きつ抜かれつの熱戦です。



カップ
全員リレー



ダンス2
女子のダンス



谷中ソーラン節
谷中ソーラン節


PTAの委員の方々には、いろいろな面でお手伝いしていただき、ありがとうございました。

まさに、みんなで心配し、みんなでつくり上げた体育祭、思い出に残る体育祭になりました。

ウイークデーにもかかわらず、早朝から来校していただき、体育祭を盛り上げていただいた来賓の皆様を初め、多くの方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。


体育祭実施します

おはようございます。

本日(6月4日水曜日)、体育祭を実施します。

グラウンドの状態は重いのですが、できるだけ整備します。

今日の天気予報は「一日中曇り」で、気温は16度~20度で推移するという予報です。

グランドの整備状況により、競技の開始時刻が繰り下がる可能性があります。

生徒諸君は昨日連絡されたとおり、早く登校する指示を受けた生徒は早く登校し、一般の生徒は平常どおりに登校してください。

保護者、地域の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

体育祭について

体育祭については、次のように実施いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。(以下、今日付の通知文です)

・・・・・・
                                                平成20年6月3日
保護者各位
                              足立区立谷中中学校
                                             校長 本庄 文男

                 第30回体育祭についてのお知らせ

 例年より6日早く梅雨入りし、うっとうしい雨の日が多くなりましたが、皆様ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。日頃本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。
 
さて、雨のため実施できずにいる体育祭については、先日「6月3日(火)に実施できなければ体育祭を中止する」旨のお知らせを配付いたしましたところ、各方面から様々な要望・ご意見をいただきました。

生徒たちも一生懸命に練習に取り組んできており、なんとか実施したいとの気持ちが強いところです。

一方で、中間考査や山中湖自然教室の予定も迫っており、きびしい日程です。

そこで、学校として検討しました結果、明日(6月4日)実施することにしました。急な決定でご迷惑をおかけしますが、事情をおくみとりの上、ご協力願います。実施要領は下記のとおりです。

                           記

1  明朝、校庭の状態がよくない場合は開始時刻を繰り下げて実施することがありますのでご了承ください。
  
2  校庭の状態をみて、プログラムの順序の入れ換え、一部種目の中止などを行うことがあります。

3  生徒は体育祭と授業の両方の用意をして登校してください。

4  保護者、地域の方々への「実施する、しない」の連絡は、学校ホームページ及び校門前の掲示でお知らせします。(明朝6時30分に判断します) 

5  明日実施できなかった場合の対応については後日あらためてお知らせします。                                           
・・・・・・・・

いろいろご心配をいただき、ありがとうございます。上記のように実施しますので、ぜひご理解とご協力をお願いいたします。

本日も体育祭なし

おはようございます。

悪天候のため、本日予定されていました体育祭は実施しません。

生徒諸君は普通の授業日と同じに登校してください。

体育祭は本日できなければ中止という連絡をしていましたが、保護者・地域の方々から様々な要望・意見をいただいていることもあり、再検討します。

日程的にきびしい中、実施のチャンスがあるかどうかについて、本日午前中の早い段階に検討して、お知らせします。

生徒諸君が体育祭のためにこれまで練習を積み上げてきたこともあり、なんとか実施の方向を探りたいと思いますが、中間考査や山中湖自然教室もせまっており、きびしい日程です。

どういう結論になるにせよ、きちんとご説明しますので、その節はご理解とご協力をお願いします。

校庭の花6月

今日の日曜日は午前中、近隣の小学校の運動会に来賓として出席させていただきました。

午後は、久しぶりに校庭の花をじっくりと観察しました。花壇や植え込みには初夏の花が綺麗に咲いていました。

イースターカクタス
【イースターカクタス】孔雀サボテンの仲間だそうです。 



ムラサキツユクサ
【ムラサキツユクサ】ピンクのバラの隣に咲いていて、どきっとしました。



スイートピー
【スイートピー】 原産地のイタリア・シシリー島では雑草扱いだったそうですが…。可憐な花。


先日、近所にお住まいのお年寄りの方が、道ばたで私に話しかけてこられました。

…「谷中中は以前は雑草がボウボウだったけど、ここ3、4年は花が綺麗に咲いていて、いいですね」
「あ、そう言っていただいてありがたいです。ご近所の方ですか?」

「すぐ近所に、もう30年ほど住んでいます」
「そうですか。谷中中も今年30周年なんですよ」

「知ってますよ。看板が出ていますね。私は散歩のとき、校庭をぐるっと一周するんですよ。学校には一年中、何かの花が咲いていますね。いつも花を見るのが楽しみです」…

私もご近所のお宅の庭に咲いている様々な花を見るのが大好きですが、谷中中の校庭の花を楽しみにしてくださっている方々もいるんですね。

胡蝶ラン2
【胡蝶ラン】用務主事さんの世話で花が咲きました。人気の洋ラン。 



あじさい2
【あじさい】校庭にも咲いています。


そう言えば、用務主事さんたちが先日、苗床で育てたコスモスの苗を、花壇と植え込みに植え直していました。

いつも段取りよく、花の世話をしてくれている用務主事と管理員の皆さんに感謝です。

生徒、保護者、教員だけでなく、近所の方々も谷中中の花を楽しみにしています。


HOME →次ページ

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。