谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニス部準優勝!

足立区秋の新人戦で谷中中テニス部が準優勝しました。

27日(土)男子団体決勝戦で、惜しくも第九中に敗れはしましたが、堂々の準優勝です。念願の都大会への進出が決まりました。

テニス1
photo by M.Kawasaki


個人戦の方は、28日(日)大橋・八木澤ペアが5位に入賞し、こちらも都大会に進出です。

てにす2
photo by M.Kawasaki


夏の間、一生懸命に練習していたテニス部の諸君、おめでとう!

都大会でも、平常心をもって練習の成果を発揮してください。





スポンサーサイト

桜田門の曼珠沙華

9月27日(土)の午後、週末カメラマンの私は、以前から興味を惹かれていた皇居・桜田門を訪れました。

桜田門遠景
皇居の周りでは市民ランナーをよく見かけた


ご承知のとおり、幕末の1860年の3月「桜田門外の変」が起こり、大老井伊直弼が暗殺された場所です。

事件は、現在の桜田門交差点付近で起こりました。井伊直弼の住んでいた彦根藩上屋敷は現在の憲政会館のあるところに位置し、桜田門からは約600メートルしか離れていませんでした。その朝は雪が降っていて、鮮血が雪を染めたと記録されています。

秋の青空のもと、桜田門付近を歩きながら、私は幕末の動乱の時代に思いを馳せました。

ふと見ると、皇居のお濠の土手に曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が咲いていました。

土手の彼岸花
土手の赤い曼珠沙華


彼岸花

彼岸花2

白い彼岸花
白い曼珠沙華も咲いていた


彼岸花近景

今年は谷中中学校の創立30周年ですが、日本の歴史でいえば「開国150周年」にあたるのだそうです。

日本を「開国」の方向に舵を切った井伊直弼の死に場所は、今では絶えず車の行き交う道路の交差点になっていました。

しかし、歴史の動乱をよそに、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の赤い花は桜田門の白い壁に映えてきれいでした。



職場体験のまとめを発表

9月26日(金)の5、6校時、体育館で、第2学年の職場体験のまとめ発表会が行われました。

発表3

夏休み前の6月30日から7月2日までの3日間、都内、区内の事業所に出かけて体験学習をしたことを、パソコンを使ってまとめ、発表し、お互いに評価しあう活動です。

発表2

動物園で、動物の飼育活動を体験した男子生徒は、とても上手に写真を撮影していて、その写真をもとに発表していました。

発表1

今日は12人の生徒が発表しました。

2年生になった今年は、1年生のときよりも、まとめ方や発表の仕方が上手になっていました。







連合陸上で活躍!

9月25日(木)、足立区中学校連合陸上競技大会が開催されました。

開会式遠景

足立区立中学校37校が参加しました。会場の舎人(とねり)公園陸上競技場の向こう側に、今年3月に開通した日暮里舎人ライナーの銀色の電車が見えました。

開会式2

フィールド遠景
競技開始前のウォームアップ


朝のうちは薄曇りでしたが、そのうち秋晴れの良い天気になりました。

スタート

谷中中の選手たちは頑張りました。次の種目で入賞しました。

1年 男子 100M8位
走り幅跳び8位
砲丸投げ4位
女子 走り幅跳び6位
2年 男子 110Mハードル6位
女子 砲丸投げ1位
3年 男子 200M5位
女子 100Mハードル7位
砲丸投げ2位

この結果、学校対抗得点で、女子は37校中8位に入賞しました。男子も頑張りましたが、惜しいところで入賞を逃しました。

足立区の中学校37校中、22校に陸上競技部があります。また、生徒数が多い学校の方が選手層が厚くなることを考えれば、谷中中より生徒数の多い学校は18校あります。

陸上部をもたず、生徒数も19番目の谷中中が8位入賞を果たすことができたのは、まさに生徒・教員の頑張り精神のたまものです。

集合写真

創立30周年の今年、野球部、テニス部、女子バレー部をはじめとして、本当にみんなよくがんばっています。

連合陸上の選手諸君、お疲れさまでした。 Good job!
















9月中旬の校庭

9月14日(日)、隣の蒲原中学校の校庭でPTAソフトボールの大会が開かれていました。

私は谷中中学校の試合がない時間帯は、自分の学校に戻り、校庭の動植物の写真を撮りました。

トンボ
オオシオカラトンボのメス 


いちもんじ
七変化の葉にとまったイチモンジセセリ 


ヒメアカ
キバナコスモスを吸蜜するヒメアカタテハ


アオスジ
アオスジアゲハ


フーセンカズラ
夏の間のグリーンカーテン、校庭のフーセンカズラ


名月
校長室の窓から見えた月


実は前日の13日の晩に谷中中の校長室からきれいな月が見えました。それで思わず撮影しましたが、今年の「中秋の名月」は14日の晩の月だったようです。

今年は浅草の隅田川の川面に映る中秋の月を撮影したいと思っていました。

というのは、江戸時代、風流人は隅田川の屋形船に乗って川に映る中秋の名月を愛でた、ということを何かの本で読んだからでした。

それで、カメラ仲間と相談して、浅草の川端に行きました。

けれども、残念ながらその晩は空が曇ってしまい、名月の撮影はできませんでした。

やむなく、浅草側から見た隅田川の夜景を撮影しました。

夜景

吾妻橋ビルの屋上の「金色の炎のオブジェ」や桜橋の橋脚がライトアップされていて、川面に映り、きれいでした。

しかし、こんなに光があふれていては、名月は川面に映らないかもしれない、と思いました。


PTAソフトボール大会

三連休の中日(14日)の今日、綾瀬ブロック中学校(第十二中、第十三中、東綾瀬中、蒲原中、谷中中)のPTA親睦ソフトボール大会が開催されました。

開会式

朝方は雨がポツポツ落ちていて、開催が危ぶまれましたが、次第に雲が切れ、よい天気になりました。

力投
第一試合の先発投手の力投


攻撃中
攻撃中


谷中中チームは初戦で蒲原中と対戦しました。

2点を先取してリード。 すぐに2点取られて同点になる。その後谷中が2点入れてリードする。

4-2 で逃げ切るかと思われた最終回、蒲原中の攻撃。

ポテンヒットとフォアボールの走者が出て、満塁になったところで長打。蒲原中が一挙に逆転しました。

その後追加点も入り、結果は4-7 の敗戦でした。

第2試合は相手チームの打撃が活発でした。

フォアボールがからんで、ランナーが貯まったところで、走者一掃の長打が出て、大量点が入ってしまいました。

というわけで、勝利には恵まれませんでした。

集合写真
試合後の集合写真 谷中中チームは後片付けもきちんとやっていました。


しかし、一つだけ谷中中が自慢できることは、あくまでもチームの和を大切にし、親睦に徹したことです。

チームに登録して練習に参加した選手の全員が出場しました。

そのため第一試合と第二試合では出場選手ががらりと入れ替わっていました。

勝利第一主義ならば、その日調子のよい選手だけを選んでチーム編成をするものでしょう。

しかし、谷中中PTAソフトボール部の監督は「きちんと練習に集まって汗を流した選手は全員先発出場」という方針を貫きました。

すぐに勝利を握りたくなる私などは、まねのできない方針です。

しかし、その監督を慕って、谷中中おやじの会ソフトボール部は徐々に選手が増えています。

おやじの会ソフトボール部の皆さん、お疲れさまでした。

夏休み中の盆踊りパトロールでも、夜9時以降の部に分担して出ていただいてありがとうございました。

ソフトボールの試合の点数よりももっと大事なところで、皆さんはちゃくちゃくと信頼を得ています。

ピッチャーのコントロールが乱れても、声を出して励まし続けていた皆さんは立派でした。

「チーム」というものの姿を見た思いがしました。

応援
PTAの応援の皆さん


終わりに、PTA学年委員や役員会の皆さんには、応援に来ていただいて、冷たいおしぼりや飲み物を出していただき、ありがとうございました。

雲が切れ、暑い日差しが射し始めたとき、運んでいただいた冷たい麦茶はとても美味しかったです。




ベルモント公園

今日の土曜日(13日)、野球の試合を観戦した帰り道、自転車でぶらぶらと知らない通りを通行していたら、突然目の前に公園が見えました。

それは足立区と姉妹都市の関係にあるオーストラリアのベルモント市の名前を冠した、足立区立ベルモント公園でした。

以前に名前は聞いていましたが、訪れたことはありませんでした。

野球の試合に負けた傷心を癒やすため、公園内を散歩することにしました。

公園入り口

公園の門にはベルモント市のエンブレムのタイルが張ってあり、黒鳥が描かれていました。

遠景

ベルモント市は西オーストラリアのパース市の近くにあり、羊毛の生産が盛んなのだそうです。公園の芝生には羊のオブジェが置いてありました。

花

花壇の花がきれいでした。ベルモント市に咲く花なのでしょうか?

池

園内の池には黒鳥がいて、えさ箱の餌をついばんでいました。

黒鳥

黒鳥のくちばしは赤いんですね。そばでみると美しい鳥でした。

展示館

煉瓦づくりの展示館がありました。

展示物

館内には羊毛生産の道具や、アボリジニの使用した狩猟道具などが展示されていました。きれいに彫刻・彩色されたブーメランがありました。

パンパス

展示館の外に出ると、パンパスグラスという名のイネ科の植物が秋風にそよいでいました。最初はススキかなと思いました。オーストラリアの植物なのでしょうか。

房アカシア

また、フサアカシアというアカシアの仲間の木がありました。

緑の葉が青空に伸びて…。まるで何かに恋い焦がれているように見えました。

しばらく園内を散歩し、写真を撮影したりしている間に、だんだんと野球の敗戦の痛みがやわらいできました。

通りすがりのカップルが「じゃあ、ベルモント市には Adachi Park つうのがあるのかしら?」と話していましたが、どうなんでしょうねえ。 

西オーストラリアでは足立の五色桜は咲くのでしょうか?黒鳥の代わりになる鳥は何を配置するのでしょうか? (調べたところ、実際にあり、日本庭園がきれいなのだそうです)


だんだん、元気になってきました。










野球部 惜敗!

秋晴れの土曜日(13日)、荒川河川敷グラウンドで足立区中学校野球大会新人戦が行われました。

野球部1
秋晴れの荒川グラウンド


谷中中野球部は夏の終わりのシード権大会で優勝し、今大会はシード校として登場したのですが、残念ながら、初戦の対足立八中戦に 2対3 のスコアで敗北を喫しました。

惜しい試合でした。

エース
エースの力投


私が試合会場に着いたとき、試合は二回の裏が始まるところでした。その時点で 0-3 でリードされていました。

聞くところでは、1回の表に守備の乱れがあり、相手に3点を献上したとのことでした。「投手は打たれたわけじゃない」と丸山監督が話していました。

2回の裏からは、試合経過をメモしましたので、簡単に振り返ってみることにします。

・・・・・・・・・・
2回裏(谷中中の攻撃)
4番打者:センターフライ(一死)
5番   :センター前ヒット、次打者のとき、二塁へ盗塁
6番   :投ゴロ、走者三塁へ進む(二死)
7番   :フォアボール、次打者のとき、盗塁
8番   :フォアボール 二死満塁になる
9番   :ライトフライ  無得点 (スコアは0-3) 

3回表(八中の攻撃)
3番打者:サードゴロ
4番   :ショートフライ
5番   :ピッチャーゴロ 三者凡退 無得点(スコアは0-3) 

3回裏(谷中中の攻撃)
1番打者:セカンドゴロ
2番   :センター前ヒット、次打者のとき、二塁へ盗塁
3番   :センターオーバーの二塁打、 一林生還(1点入る)
4番   :センターフライ
5番   :三振 (スコアは1-3) 
 
4回表(八中の攻撃)
6番打者:フォアボール
7番   :ピッチャー前 送りバント(一死) 走者二塁へ 
8番   :ショートライナー 走者二塁へ帰れず封殺 ダブルプレー(スコアは1-3) 

4回裏(谷中中の攻撃)
6番打者 :レフト前ヒット
7番    :送りバント(一死) 走者は二塁へ
8番    :三振
9番    :サードゴロ (スコアは1-3) 

5回表
9番打者:三振
1番   :ピッチャーゴロ
2番   :ショートゴロエラー 走者一塁
3番   :三振 (スコアは1-3) 

5回裏(谷中中の攻撃)
1番打者 :セカンドゴロ
2番    :ショートゴロ
3番    :ファーストゴロ 三者凡退  (スコアは1-3) 

6回表(八中の攻撃)
4番打者:ショートゴロ
5番   :ピッチャーゴロ
6番   :サードゴロ 三者凡退 (スコアは1-3) 

6回裏(谷中中の攻撃)
4番打者 :サードゴロ
5番    :ライトオーバーの二塁打
6番    :センター前ヒット 弓田生還(得点1) 
7番    :セカンドフライ
8番    :ピッチャーフライ (スコアは2-3) 

7回表(八中の攻撃)
7番打者:サードゴロ
8番   :ショート前内野安打
9番   :送りバント(二死)走者二塁
1番   :レフト前ヒット 走者本塁へ突入 タッチアウト (スコアは2-3) 

7回裏(谷中中の攻撃)
9番打者 :デッドボール 一塁へ
1番    :バントヒット 無死走者一、二塁
2番    :バントヒット 無死満塁
3番    :キャッチャーフライ 一死満塁
4番    :ピッチャーゴロ 本塁封殺 一塁送球でダブルプレー
試合終了 (スコアは2-3) 
・・・・・・・・・・

試合全体を振り返ってみると、2回と7回の満塁のチャンスにタイムリーが一本出て入ればと悔やまれます。

試合は谷中中がずっと押していた試合なので、選手諸君も悔しいでしょうが、新チームになってからずっと勝っていたので、気持ちに余裕を持ちすぎたのかも知れません。

この1敗をよい薬にして、冬の間の厳しい練習に耐えてほしいと思います。

野球では100戦して100勝できるチームはありません。100戦して70勝するチームは強いチーム、
80勝するチームはかなり強いチーム、100戦して90勝するチームは信じられないくらい強いチームです。

谷中中は強いチームですが、まだまだ100戦して70勝レベルのチームです。つまり、30敗は覚悟しなくてはなりません。

信じられないくらい強いチームでも10敗はするのです。

勝敗がどちらに転ぶか分からない場面で、勝ちを得ていくためには、冷静な判断力と練習に裏付けられた技術と体力が必要です。

この秋冬、もう一度、基本の守備・打撃練習をしっかりやりましょう。

考えてみれば、新チームになってまだ2ヶ月半しか経っていないわけですから、冬を越えた来年の春が本当の勝負です。




セーフティ教室のまとめ

先週土曜日の授業参観日に、体育館で生徒・保護者対象のセーフティ教室を実施しました。

「携帯電話、インターネットの思わぬ落とし穴」というテーマで、綾瀬警察署の生活安全課の係長さんに、パワーポイントを使って分かりやすくお話をしていただきました。

保護者も一緒に
保護者の方も参加してセーフティ教室


生徒たちは講義の後、教室に戻って、ワークシートに取り組みました。

話の内容を理解したかどうかの確認用の質問に答えたり、自分の感想を記入したりしました。

今朝の朝礼で、セーフティ教室を企画・担当した生活指導主任が、ワークシートのまとめについて生徒に話をしましたので、その内容を以下に掲載します。

・・・・・・・・・・
一昨日授業参観日の3時間目に行われたセーフティー教室のことについてお話をします。
体育館でのお話を聞いた後、皆さんが教室で書いたワークシートを読ませてもらいました。

1 携帯電話やインターネットの使い方について
 有害なサイトや出会い系サイトにアクセスをしたことがあるひとは上級生になるにつれて増えていることがわかりました。また、自分のプロフィールやブログを持っている人、また、インターネット上で知り合った人とメール交換をしたことがある人も上級生に多いことがわかりました。

2 お話を聞いての感想と分かったこと

 1年生
・インターネットは便利だけど危険なところがあることがわかりました。
・チエーンメールは怖くて友達に送ってしまったけど、今日のお話を聞いて送らなくても大丈夫だとわかりました。

 2年生
・出会い系サイトは書き込んだことがほんとうのことかわからない、中2女子 と書き込んであっても本当はおじさんかもしれない。相手の顔が見えない人 とのアクセスはしてはいけないことがわかった。相手が誰だかわからないという落とし穴がある。

3年生
・インターネットのエチケットであるネチケットを守るのは当たり前。
・書き込みには名前や住所など個人情報は書き込まない。また、相手を傷つけないように表現方法に気をつける。

各学年とも理解してくれました。

インターネットや携帯電話はみなさんの身近にあり便利な道具ですが、これからも安全に使用してほしいと思います。
・・・・・・・・・・・・
意見交流会
セーフティ教室の意見交流会


谷中中では今後も携帯電話やインターネットに関する生徒指導を継続していきます。

保護者の皆さんとの意見交流会でも、継続してほしいという要望が多く出されていました。



授業参観&セーフティ教室

今日は高温多湿で、蒸し暑い一日でした。

予報では午後いっぱいは天気がもち、夕方小雨になるかもしれないということでした。

天気予報どおりになりました。

今日は忙しい土曜日でした。

1、2時間目は教科の授業参観を行いました。

授業参観
英語の少人数授業


3時間目はセーフテイ教室を体育館で、生徒、保護者対象に実施しました。

セーフティ教室
セーフティ教室


テーマは「携帯電話とインターネットの落とし穴~被害者にも加害者にもならないために~」でした。

その後、セーフティ教室の意見交流会が図書室であり、こちらに出席しました。

13時から第2回「開かれた学校づくり協議会」が40分ほどありました。

14時からPTA小中連携コンサートがありました。

谷中中吹奏楽
谷中中吹奏楽部の演奏


日大金管五重奏
日本大学芸術学部金管五重奏


多くの観客に来ていただき、体育館はほぼ満杯になりました。

コンサートの企画・運営に当たってくださった皆さん、ありがとうございました。






土曜日は授業参観日

過ごしやすい季節になってきました。

缶ジュースの自動販売機の表示が、青色の「冷たい」ばかりだったのが、赤色の「温かい」も一部出現したという話を聞きましたが、私はまだ現物を見ていません。

「温かい」の出現も時間の問題ですね。

ママさんコーラス
ゲスト ママさんコーラスグループ「アップル」の演奏(昨年度の小中連携コンサート)


さて、今週の土曜日(6日)、谷中中学校では『授業参観』を実施します。

当日は1、2校時に「授業参観」、3校時目に体育館で「セーフティ教室」を実施します。

セーフティ教室は『携帯電話とインターネットの落とし穴』というテーマで、生徒、保護者の方を対象に、綾瀬警察署生活安全課の方にお話をしていただきます。

携帯電話やインターネットにかかわって、生徒が被害を受けたり、犯罪に巻き込まれたりする危険性について、具体的な事例をもとにお話をしていただく予定です。

保護者の方も、授業参観のあと、ぜひ生徒と一緒にお話を聞いていただきたいと思います。

土曜日は、授業参観・セーフティ教室の他に、次の二つのイベントが予定されています。

一つは、PTAの「献血」があります。PTAが主催して日本赤十字社の「献血」活動に協力します。

献血活動
後方に献血車がみえる(昨年度の画像)


もう一つのイベントは小中連携コンサートです。中川小学校、辰沼小学校、谷中中学校の3校が連携して、午後2時に開演します。

金管バンド
昨年度中川小学校金管バンドの演奏


今回の出演は、中川小学校金管バンド、辰沼小学校の5年生のダンス、谷中中学校の吹奏楽部、ゲストの日本大学芸術学部学生の皆さんによる弦楽演奏です。

どうかご期待ください。







卒業写真の季節

9月2日(火)は天気予報がはずれて、よい天気になりました。

この日谷中中では3年生の卒業アルバム用の写真撮影を行いました。

卒業テニス
テニス部の卒業写真撮影


「もう卒業アルバムの写真を撮る季節なのか」、と月日の過ぎゆく速さに驚かされます。

3年生たちは久しぶりに部活のユニフォームに袖をとおし、照れくさそうでした。

練習に明け暮れた日々の熱気を思い出したようでした。

写真屋さんの横で、私も写真を撮らせてもらいました。

サッカー部
サッカー部 撮影の位置を決めているところ


野球
撮影前の野球部


野球部
春の大会準優勝、夏の大会3位のトロフィー、賞状とともに


「人数が少ないなか、きみたちはよく頑張った。素晴らしかったよ」

そう思いながら写真を撮りました。

今は受験勉強に精を出してほしい。

晴れて合格したあかつきには、またスポーツに、文化活動に青春の汗を思いきり流してほしい、と思いました。




防災の日

9月1日は「防災の日」です。

訓練3
前回の避難所訓練での「炊き出し」の様子


学校では避難訓練と集団下校訓練を実施しました。

避難訓練は地震発生時の型どおりの動きの確認です。

「机の下に頭を入れる」、避難の際には「押さない、駆けない、しゃべらない、戻らない」という、いわゆる「おかしも」の基本動作の訓練をしました。

集団下校訓練の方は、大規模地震の「警戒宣言」が発せられたという想定に基づく訓練です。

生徒たちは地区別の班に集合し、人員を確認、下校のルートを確認する、等の訓練をしました。

各ご家庭でも、「防災の日」を契機に、次のことを確かめていただければありがたいです。

警戒宣言が出されたときは…

①ラジオ、テレビで、正しい情報を得るように心がける。

②火の始末をする。

③落下してくるものを下におろす。

④水の汲み置きをする。

⑤「非常時持ち出し」の確認をする(ラジオ、懐中電灯、ペットボトルの飲み水、インスタント食品、下着、軍手、保険証などなど) …「非常時持ち出し」は日頃から準備しておく。

⑥災害時の伝言ダイヤル「171」を活用する。

訓練2
前回の避難所訓練 埋め込み式トイレを掘り出して設置する


実際に地震の被害を受けた方の経験によると、調理用のガスコンロは必需品だったそうです。

ところで、今年は谷中中学校を会場として、12月に避難所訓練が行われます。

地震、火事、洪水などの災害時に学校が避難所としてきちんと機能できるように準備しておくための訓練です。

「災害は忘れた頃にやってくる」という格言をきもに銘じて、日頃の準備をしておきたいものです。


HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。