谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の部活動

寒い日が続いています。

ロウバイ
ロウバイ 新宿御苑 1月25日


その寒さのなか、谷中中の部活動は運動系、文化系ともに頑張っています。

冬休み中から、先週までの主な戦績をご紹介します。

ソフトテニス部  冬季研修大会野崎杯 男子団体 3位
           足立区1年生大会 個人戦(安里、加藤組) 5位

女子バレーボール部 足立区1年生大会 3位

科学部  東京都中学校生徒理科研究発表会 優秀賞

吹奏楽部 東京都アンサンブルコンテスト 金管八重奏 銅賞
                          木管八重奏 銅賞

寒い校庭で、体育館で、他の部活動も頑張っています。

寒さに負けず、しっかり鍛えた者だけが、春や夏に勝利の喜びを味わえるのです。



スポンサーサイト

合格祈願絵馬

今日1月27日(火)は都立高等学校の推薦入試が行われました。

推薦入試を受検する3年生は、早朝から各試験会場に出かけていきました。

今朝は天気もよく、交通機関も順調に運行されていて、ほっとしました。

絵馬

廊下の掲示板には、受検生たちが制作した「合格祈願絵馬」が掲示してありました。

3年生たちが自らの決意を述べつつ、合格祈願しています。

よい結果が出るといいですね。

地域の人々、保護者、先生方、みんなが受験生を応援しています。


学校給食週間始まる

今日から学校給食週間が始まりました。

これは給食をたくさん食べて残菜を少なくしよう!という取り組みで、足立区内のすべての小学校、中学校で取り組みます。

「準備を早くして、ゆっくり食事をし、しっかり食べてほしい」と栄養士さんが話していました。給食委員会の生徒諸君も声をかけてくれます。

給食週間

今日の献立は東京の郷土料理でした。深川めし、キスの天ぷら、小松菜のおひたし、ちゃんこ汁。そして牛乳と果物(みかん)でした。

小松菜は栽培も消費も東京が全国1位です。今日の小松菜は足立区産のものでした。

栄養士さんが生徒向けに準備してくれた「給食室からお知らせ 1月26日号」は次のとおりです。

興味のあるかたは「続きを読む」をクリックしてお読みください。



続きを読む »

早春の新宿御苑

青空の広がった日曜日、新宿御苑を訪ねました。

インターネットで、「新宿御苑ではフクジュソウが咲き始めました」というニュースを読み、出かけてみたくなりました。

新宿門から入場すると、すぐにスイセンの群落が見えました。

スイセンの群落
新宿門近辺


スイセンのペーパーホワイトとニホンズイセンです。

ペーパーホワイト
ペーパーホワイト


ニホンズイセン
ニホンズイセン


寒紅梅や寒桜も咲き始めていました。

寒紅梅
寒紅梅


寒桜
カンザクラ


御苑をぐるりと一周して、もとの新宿門に戻りましたが、フクジュソウを見かけませんでした。

そこで、インフォメーション窓口に行き、フクジュソウの場所を確かめて、もう一度探しにいきました。

あ、ありました。強烈な黄色が目に飛び込んできました。

フクジュソウ

春の先触れをする花が、日差しを浴びて咲き誇っていました。








2学年百人一首大会

日本の伝統行事である百人一首大会を実施しました。

百人一首大会

1学年は先週の金曜日に、2学年は本日(23日)の午後、総合的な学習の時間を使って行いました。

3学年は受験が終わってから実施する予定です。

百人一首大会2

百人一首大会3

3人1組でチームをつくり、1回戦と2回戦では対戦相手を変えます。「源平戦」という形式だそうです。

残る札の枚数が少なくなると、熱気を帯び、早く手を出して「おてつき」になったり…と生徒諸君は楽しく取り組んでいました。





連合書き初め席書大会

1月20日(火)、足立一中体育館で、足立区中学校連合書き初め席書大会が開催されました。

taiikukann

体育館いっぱいに各中学校の代表の生徒が集まり、毛筆をふるっていました。

今日は作品を仕上げ、提出します。作品の審査は別の日に行われます。

taiikukann2

谷中中学校からも、校内書き初め展ですぐれた作品を制作した生徒が参加しました。

代表生徒たちは一生懸命に、制作に取り組んでいました。





知者は惑わず

3年生の受験については、すでに都内私立高校への推薦出願が始まっています。

いよいよ受験本番です。

そんななか、生徒用玄関の掲示板には、生徒会役員会制作の「合格祈願」ポスターが張り出されました。

合格祈願

孔子の名言 を引用しています。

「知者は惑わず。勇者は懼(おそ)れず。」

「物知りは事物の道理に通じているから、事に当たってもあれこれ迷うことがない。

勇気のある者はこわがらないので、事に当たって尻込みすることがない。」

という意味だそうです。

迷わず、おそれず、堂々とふだんの力を発揮してほしいものです。



科学部、都大会で優秀賞を受賞

先週末の17日(土)、本校の科学部が東京都の理科教育「生徒研究発表会」で優秀賞を受賞しました。

発表画面

発表

年1回開催の「生徒研究発表大会」は東京都中学校理科教育研究会の主催で、今年が第54回目を迎える伝統の発表会です。

会場は千代田区の東京理科大学(九段校舎)でした。靖国神社の大鳥居の前にある大学です。

会場

大会は2日間にわたって行われ、都内公立中学校の理科部、科学部、区立科学クラブ、区立科学教育センターに所属する中学生が参加しました。2日間で、合計21本の研究発表がありました。

ポスターセッション
昼休みのポスターセッション


説明
ポスターセッションでの説明


谷中中が発表した17日は次の11本の発表が行われました。

①空気電池について(港・六本木中)
②ペーパークロマトによる色素の分離(文京・文林中)
③不思議な色が現れるコマの実験(江東・第三亀戸中)
④酸とアルカリの性質(豊島・西巣鴨中)
⑤歩行の研究(北・王子桜中)
⑥いろいろな物で炭をつくる(板橋・西台中)
⑦簡易ビオトープ観察記録ー簡単にできるビオトープの作り方と維持方法ー(足立・谷中中)
⑧スターリング・エンジンの研究(葛飾・科学教育センター)
⑨江戸川区の河川の調査研究(江戸川・小松川二中)
⑩種子の発芽条件(台東・台東科学クラブ)
⑪水の濾過(ろか)についての研究(世田谷・砧(きぬた)中)

どの研究も中学生らしいユニークな力作で、会場の聴衆も熱心に聞き入っていました。

谷中中の発表は、③「不思議な色の現れるコマ」、⑤「歩行の研究」とともに、優秀賞を与えられました。この日は11の発表のうち、3校に優秀賞が与えられました。

表彰
優秀賞の賞状を受ける


受賞理由として、次の講評をいただきました。

*3年間にわたり科学部の先輩から後輩へと研究テーマが受け継がれた研究である
*日常の地道な観察記録に基づいて、データを分析し、考察し、まとめた研究である
*簡易ビオトープにより動物、植物、水質などが豊に観察できるという可能性を示した。

科学部の諸君、おめでとう。夏休みも学校に来て、ビオトープのメンテナンスをしていましたが、努力がよい結果に結びついてよかったですね。

ビオトープにいるメダカ、ヤゴ、ホテイアオイ、ヨシなども喜んでいることでしょう。











校内書き初め展

校内書き初め展が開催されています。

各教室に生徒の冬休みの書道作品が掲示されています。

掲示作品の一部をご紹介します。

1年

この展示は先週の9日(金)に始まり、明日16日(金)までです。

2年

学年ごとに、金賞、銀賞、銅賞の作品が選ばれています。

3年


来週20日(火)に足立区連合席書大会が開催されますが、谷中中からも代表生徒が参加する予定です。


合格だるま

先週末、カメラを片手に、浅草から上野界隈まで散歩しました。

上野駅近くまで歩いてくると、途中に下谷神社があります。

境内には色とりどりのダルマが並べられていました。

だるま

それぞれの色には意味があるのだそうです。

いわれ

早速、白い合格だるまを買い求めました。

合格だるま

今年の三年生たちが、入学試験に合格しますように、とダルマの左目を入れ、神社に参拝しました。

みんなの受験がうまくいったら、ダルマの右目を入れて、下谷神社にお礼参りに参上するつもりです。


冬ぼたん

先週末は三連休で、よい天気が続きました。

やわらかい日差しを浴びつつ、上野の東照宮を訪れ、冬ぼたんを見ました。

花の少ないこの季節ですが、上野の冬ぼたんは別世界の美しさでした。

冬ぼたん5

冬ぼたん1

冬ぼたん3

冬ぼたん2

冬ぼたん4

葉ぼたん

冬ぼたんのあでやかさ、そして寄せ植えの葉ぼたんの可憐さ…。

一挙に江戸時代の上野の山にタイムスリップしたかのような感覚を味わったひとときでした。





冬休み終了、授業再開

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

冬休みが終わり、今日から授業再開です。

朝一番に、休み明けの全校集会が行われました。

休み明け集会

校長からはことわざの話をしました。

「一年の計は元旦にあり」
「1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去る」
「一日一生」

これらの言葉に込められた先人の知恵をよく味わってみよう、という内容です。

明日からは校内書き初め展も予定されています。

また、近々「百人一首大会」もあります。

新年を迎えたこの時期、日本の伝統を大切にし、先人の知恵に学びたいものです。

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。