FC2ブログ

谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育制度の視察報告(その一)

9月30日(火)と10月1日(水)の二日間、広島県呉市と京都市の二つの中学校に視察(訪問調査)に出張させていただきました。

足立区中学校長会の委員会組織による、管外に出張しての調査で、ねらいは「小中一貫教育に関する先進校の取り組み」を視察することでした。

今回はその視察についての、個人的な感想・意見をお知らせします。2回に分けてお知らせする予定で、第一回目は呉市立呉中央中学校についてです。

中央中

広島市まで新幹線で4時間、そのあと在来線に乗り換えて30分ほどかかり、待ち合わせ時間を入れれば呉市までは約5時間かかりました。

遠かったのですが、出かけた甲斐がありました。

呉市立中央中学校(もと、二河中学校、五番町小学校、二河小学校が一貫校となった学園)には、まさに「生みの苦しみと喜び」がありました。

現在小中一貫教育を開始して9年目になるそうですが、先例が何もないところから始めて、ひとつひとつ積み木を積み上げていくような努力のあとを聞かせてていただき、頭の下がる思いがしました。

呉市立中央中学校は小中の6-3制度の9年間を、前期4年、中期3年、後期2年に分けて考える仕組み(いわゆる4-3-2制度)に変えて、指導を進めていました。

カリキュラム

特に小学校と中学校の橋渡しになる中期(小学校の5,6年と中学校の1年をひと括りにする時期)の指導を重視し、①学力の向上 ②人間関係づくり ③進路選択能力をつける、の三つの観点から具体的な指導に取り組んでいました。

小学校の教師集団と中学校の教師集団とでは、子どもへのアプローチ(指導観、指導内容や方法)が伝統的に多少の差異がある中、お互いに協力して指導するのは、慣れるまでは大変だったと思います。

小中一貫

ただ、小中一貫教育の方が、「子どもはよりよく成長する」「保護者の期待にこたえられる」と信じて実践してきており、各種のデータがその信念を裏付けていました。

まだまだ「課題は多いんです」ということでしたが、小中一貫教育9年間の取り組みは、初めての卒業生を出すところまで来ており、多くのすぐれた実践を提示してもらえました。

谷中中学校のように普通の6-3制を実施している中学校の教育活動にとっても、改善へのヒントをたくさんいただけたと思っています。















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。