FC2ブログ

谷中中校長室だより

地域・保護者の皆さんにいっそう信頼される学校を目指し、よりタイムリーに学校の様子をお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧東海道―品川宿 散歩

先週末の土曜日は久しぶりによい天気でした。週末カメラマンの私は、前々から行きたいと思っていた、旧東海道を散歩することにしました。

目指したのは、品川です。今でも江戸時代と同じ道幅の街道と商店街が残っているのだそうです。

91 品川橋
目黒川にかかる品川橋


江戸の古地図(切り絵図)で見ますと、旧東海道は海の縁(へり)にのびていて、道路脇の民家のすぐ後ろが海でした。

今は埋め立てが進んで、海岸線はずいぶん遠くにありますが、近くを流れる目黒川には海の潮が流れ込んでくるのだそうです。

89 本陣跡
大名たちの宿舎・本陣跡


品川宿には江戸時代に建った寺が数多く残っています。海晏(かいあん)寺、海蔵寺、海雲寺、心海寺、海徳寺、東海寺など、海にちなんだ名の寺が多いのは、門前まで波の音が聞こえたからだろうと思われます。

81 ハクモクレン
海雲寺のハクモクレン


93 海晏寺のカンヒザクラ
海晏寺のカンヒザクラ


品川宿を散歩するときは、私はぜひ東海寺に行きたいと思っていました。江戸の切り絵図で見ますと寺域がかなり広い寺です。

84 沢庵墓案内
東海寺開山澤庵禅師墓道


この寺は私の故郷・兵庫県但馬地方出身の沢庵和尚が江戸時代の初期に住んだ寺でした。

沢庵和尚は、書画、俳句、茶の湯、剣術に優れていたという伝説の禅僧です。「タクアン漬け」の考案者として知られています。

しかし、もともと但馬の出身で、京都・大徳寺の住職であった沢庵が、なぜ出羽の国に追放処分になったのか?なぜ第三代将軍家光の後ろ盾を得て、3年後江戸に戻され、品川の東海寺に開祖として住むことになったのか?

私にとって、まだ謎が多いのですが、沢庵についてはおいおい歴史の真相をたずねてみようと思っています。

そのうち空が曇ってきました。

83 沢庵墓
沢庵墓  「墓碑は建ててはならぬ」と遺言していたそうだ


小高い場所にある沢庵和尚の墓には海側からの風が吹いていました。

沢庵和尚はこの見晴らしのよい場所で、東海道を駆け抜けた歴史の群像たち(幕末の新撰組や、水戸の天狗党の浪士たち)の激しい生き様を、静かに見つめてきたのだろうと思いました。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

HOME

谷中中学校とは?

 本庄文男

Author: 本庄文男
東京都の北端に足立区があり、区の東部に谷中(やなか)中学校があります。
学校の自由選択制度のもと、一時は生徒数が激減しましたが、先生たちの頑張りと保護者や地域の人々の応援を得て、ひと学年のクラス数が、2→3→4と年々増加し、徐々に生徒が戻ってきました。このブログでは、そんな谷中中学校の日々の顛末(てんまつ)を記します。
なお、 谷中中学校HP も併せてご覧ください。

最近の記事
訪問者数

カテゴリー
weather

リンク
ブログ内検索

あし@

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。